あの日の事

2018年09月30日

通天閣ライトも活躍。


9月の頭に起こった地震と停電、あの時
自分はどうしたかをココに記録します。

”天災は前触れも無く起こる”
本当に思い知った出来事でした。

夜中に発生した地震、ハッと目を覚ますと
本棚が揺れ、壁に掛けたジャケットが
派手に振れてました。揺れが強くなり、

いよいよ玄関の扉を開けました。
地震で扉が変形したら閉じこめられます。

揺れがおさまり、夜中という事もあり
家の中を確認してそのまま寝ました。

翌朝から、北海道は一変しました。

まず地震のニュースでも見ようとテレビが
点かない。スマホを見ても・・・。

固定電話もつながらず、ここでやっと
停電だと理解出来ました。

社会人なので会社に向かう。が、当然だが
会議後休業が決まった。


往復の信号機、帯広管内は消えたまま。
車は譲り合いでどうにか交差点を通行した。

知り合いのコンビ二に寄るが店内は電気が
来ていない。飲み物は常温になってました。



商品棚には何も無くなっていた。いわゆる
”買占め”が起こっていたのだ。

自宅の冷蔵庫も保冷が効かなく、生モノが
ダメになりそうだったので知り合いに頼んで
食材ありったけで料理を作ってもらった。



お礼はフラッシュライト一本貸し出し(笑)
帰り道、街灯も消えた中、見えなくなるまで
振っていた。写真はまるで怪奇映像。


その日の夜はゲップが出るほど食べた。

近所のご夫婦もBBQを楽しんでた、
道民はポジティブで実にたくましい。


スマホの充電はどうせ使えない
ノートPCのバッテリーを使って充電した。

寝室に小さなケミライト一本つけて眠る。

星が綺麗だったと聞いたのは満腹で寝た
この日だった。

――翌朝も停電は解消されていなかった。

今日は停電を乗り切る為に買出しに行った。




どこにいっても必要なモノは品薄。
必要の無いモノは売れない感じ。


コレは…!ダメだ、なんかダメだ(笑)

車のガソリンも底を尽きかけたので並ぶ。

走行中に唐突に営業を始めてくれたスタンド、
運良く早く給油が出来た。

スタンドも地下ポンプが通電してない所は
営業出来ず、自家発電で動かせた所が
開いている状態。

家に帰り、今現在の備えを確認した。

水は十分出る。しかし自宅はオール電化、
熱を得るにはカセットガスしかない。
ボンベは1本のみ。これが備えだった。。


万一に備え、扇風機はUSB電源の他、
乾電池対応を買っておいた。正解だった。


ライトなどの明かり。ケミライトは
サバゲ装備から外してリアルに使う。
赤いのはベイダー卿のライトセイバー。


フィンランド軍のライトはトイレに常備。

中国軍水筒、ワンフェス土産に水を満たす。

皆さんの地域はどうだったかわかりませんが、
ホロフカの地元では”水も止まる”という
デマが流れました。

東ドイツ軍、イラク装備のはソコが割れてて
使えなかった。ペットボトルも再利用して貯水。

非常食を集める。サバゲに持っていった残りの
缶詰があった、コレクションのミリメシの
賞味期限は2019年まである。頼もしい。


ギガマックスもあるが、、、

コレを作るために湧かすお湯はガスボンベを
使う。費用対効果はあるのか(笑)?
砂漠でパスタを作るくらい愚かかも知れない。

トイザラスで買った「アイクロップス」

暗闇でも良く見えるスグレモノだが。
単三電池が8本も必要なので使わない(笑)


あとは余震にも備えた、着替えと水。
万能ナイフや車の非常フラッシュなんかも
リュックに詰めておいた。

こうしてみると。ミリオタの軍用品ってのは
まあまあ役に立つもんだ。

そして、そんな備えをした夜に唐突に、
本当に唐突に部屋の電気が付いた。

―停電が終わった。

今、日常は確実に取り戻されつつあるが、
非常時の備えはやっておいて損はない。
明日起こらない保障は何処にもないし。


今は行動に移して何もできてない。。。
なんにも出来ないが、そんな私でも募金なら
コンビニで出来る。

出来る事を出来るだけ。そう思っている。




同じカテゴリー(生活装備)の記事画像
10階よりも上の世界
呪いの海兵キャンディー
和歌山 ~チャリで来た!~
和歌山 ~初の西側諸国~
コストコdeミリタリー
勝利の栄光を君じゃなく
同じカテゴリー(生活装備)の記事
 10階よりも上の世界 (2018-11-28 01:56)
 呪いの海兵キャンディー (2018-08-23 00:29)
 和歌山 ~チャリで来た!~ (2018-07-14 06:33)
 和歌山 ~初の西側諸国~ (2018-07-09 11:34)
 コストコdeミリタリー (2018-06-23 01:02)
 勝利の栄光を君じゃなく (2018-05-25 00:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。