和歌山 ~初の西側諸国~

2018年07月09日

ピンクなのでピーちゃん。

嘘、名前は「さち」す

6月の末くらい、和歌山県へ出張がありました。
関西方面に行くのはプライベートでも初めて。

今回は帯広空港から出るのにひどく苦労しました。

原因はコイツ。ツールカードだったっけ?コレが
財布に一枚入ってました。

財布をポケットから抜き忘れて金属検知器で御用。

今度はⅩ線で財布から例のカード発見して御用。

すっかり忘れてたホロフカが「判らない」と
返事してとうとう財布を細かくチェックされる・・・。

東方の変なカードとか、エヴァ会員証とか公開
まるだし調査。・・・死にたい。


例のカードは個装され「手荷物で預けてください」
となりました。搭乗手続きからやりなおしの刑。
まあ、時間には幸い余裕ありましたが・・・。

ひと悶着後に帯広から羽田へ。


・・・梅雨でした。

到着と同時に経験のないムシムシとした感じ。
熱いのだが張り付くような空気のしつこさ。

羽田ではソバとスムージを昼食とし、一路
関西国際空港へ。

初の関西上陸、ここもまた蒸し暑いし!


飛行機を降りると手荷物受け取りに、
斜めのコンベアが斬新だったので1枚撮る。


ガチャガチャは外国人をターゲットに
グローバルに猛烈アピール(笑)


いつもの旅のお供「でかい軍用リュック」の他
今回は巨大な「ガラガラ」も購入。キャンプ
用品で信頼のコールマン製、限定色のブルー。

このくだり、今回のミリタリーな部分です(笑)


南海鉄道で一路、和歌山県を目指します。
「ラピートルジャー」改札口ですごい主張です。
いくつになっても正義の味方ノリは好き。


「南海ラピート」はデザイナーの業も
さる事ながら製造にGOサイン出した人も
業が深い!まさに電車で業!ラップ調。

それは、ラピートが発車する時に起こりました。

お孫さんを見送ってたお爺さんA、駅員さんの
発車の合図が聞こえていない様子。ラピートの
車窓から離れません。

発車します!危ないから離れて下さい!大声で
駅員さん注意しますが、やはり聞こえていない。

「おのれの事や!アホンダラ!しっかりせぇ!」

その時、通りすがりのお爺さんBが駅員さんの
メガホンよりデカい声で怒鳴りました。

・・・まずくないか?その言い方は・・・。


ホロフカ、喧嘩にならないか心配してると、
怒鳴られたお爺さんAがお爺さんBに返します。

A「おう!わしの事アホ言うたのはおのれか!」

B「おう、そうじゃ!おのれの事が好きじゃから
  言うたんじゃ!」

A「おう、ほんならええわい。」

B「ほんならな!」お互い手を振りあってお別れ。

えええええ!なに?この出来上がったやり取り!
こういうのすぐに出るの?で、周りを良く見たら
心配してるの俺くらい!なんなんだ関西(笑)


こういうノリに付いて行けないと駄目なのか?
色々心配しながら和歌山駅に到着。

その名も「めでたいでんしゃ」に遭遇。
さっきのアレとか吹き飛ぶめでたさに感謝。





お次はバスで、、、と行きたかったがそんなに
うまくは行かない。目的地のバスは45分に
1便しかない様子。


近くのセブンイレブンでコレを買う。
北海道では学生の頃にそこかしこで
売ってたが今は見ないな、、、懐かしい。

ふと見上げた看板。戦国「鉄砲」大将とな!

これはミリブロ栄え、でも戦国乙女にいないから
雑賀孫市って判らない(笑)誰ですのん?

待ちきれなくて結局タクシー移動(笑)

車窓からの一枚(笑)空に2本の雲…。
大阪北部で大きな地震があったばかりの時期。
・・・もしや地震雲。。

運転手「ありゃぁジエットだわ、お客さん。」
関西空港か、、、神経過敏になってる様だ。

消える飛行機雲ー、追いかけて追いかけてー。


ようやくついた長期滞在の宿、似た名前の宿が
あってそっちに連れて行かれた話は割愛。
ほぼ一日掛かりの移動で到着。。。

「いらっしゃいませ、ご予約の・・・?」
「ホロ↑フカ↓ですぅ。」

どうも関西弁は耳から感染するらしい(笑)




同じカテゴリー(生活装備)の記事画像
10階よりも上の世界
あの日の事
呪いの海兵キャンディー
和歌山 ~チャリで来た!~
コストコdeミリタリー
勝利の栄光を君じゃなく
同じカテゴリー(生活装備)の記事
 10階よりも上の世界 (2018-11-28 01:56)
 あの日の事 (2018-09-30 23:52)
 呪いの海兵キャンディー (2018-08-23 00:29)
 和歌山 ~チャリで来た!~ (2018-07-14 06:33)
 コストコdeミリタリー (2018-06-23 01:02)
 勝利の栄光を君じゃなく (2018-05-25 00:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。