シューティングレンジに行きました!

2018年04月21日


とても良いシューティングレンジでした。



岩見沢市中幌向、国道12号線沿い
「RCショップ・サーキットDo」さんに
行ってきました!大きな建物でスグに
わかりました。


岩見沢、初めての土地じゃないんです。
じつは数年前に住んでたりします(笑)


早速レンジに入ります。

入り口側のレーン、写真が小さいですが
的がぶら下がってます。行った後ですが
電子ターゲットがついたみたい!

その奥。こっちは色々な的がありました。
どーんとマネキンさんが居て焦りました。

フライパンに当てれば「カーン」と鳴るし
木の板なら「コーン」鈴なら「チリーン」
紙の的、ブリキ缶、だるま落としまで!
射撃欲がフツフツビンビン来ます。(笑)


レーンには初速計が置いてありました。
ボタン一つですぐ測れるすぐれモノ。


ストップウオッチ、保護メガネ、電動
多弾マガジン巻上げマシーンまで常備。

こっ、これは!マガジン暖めマシーン!

電気毛布的なモノが中に入っているのだ!
これで冷たいマガジンがすぐ暖まるのだ!
個人で持ってる人は見た事あるが、店で
常備しててくれるとは!至れり尽くせり!


もう撃つしかないです(笑)
まずはギターケースからCM16を出す。


スチャッ!実は買ってから初めての射撃。
台湾メーカーの銃だけど素直な弾道。


ナセルさんも一緒に射撃に来ました。
色々いじったカスタムなトンプソン、
・・・すごくクセが強い外観w


CM16の調整、ナセル任せ(笑)
椅子もあるので少しなら対応できます。

調整任せてる間、「ヒマなので」w
ハンドガンを撃ちます。

まあ、ちょっとメンテがイマイチなのも
発見出来ました。


ところでこの机、柔らかスポンジ的なものが
貼ってあります。BB弾が跳ねたり転がったり
しないので助かります。

ところでRCショップ・サーキットDoさんの
シューティングレンジの裏はラジコンコースが
ドーンとありました!

写真が撮れれば良かったのですが、皆さん
真剣にRCを走らせていたので許可もらう
タイミングありませんでした(汗)


「道内最大級室内ラジコンサーキット」
とあります、もの凄い数のトロフィーが!!
様々な大会で「優勝」の文字もありました。

シューティングレーンと巨大サーキットを
丸ごと暖める薪ストーブ、

放熱とその外観は癒しの効果まで
ありそうです。

シューティングレーンに戻り、しばし時を
忘れて射撃を楽しみました。

カーン!キンキンキン!こつ!カーン!
チリーン!ビシビシ!カーン!

色んなヒットサウンドで楽しいったら
ありゃしない(笑)

徹底的に遊び倒し、大満足でした。
料金は30分でわずかに216円!

間違いなくまた来ます(笑)
今度はラジコンも持って来よう。

さて、ここからは番外編
そのまま帰るのもナンですので
近郊の名物をホロフカチョイスで
ご紹介します。

岩見沢名物「天狗まんじゅう」

辛い肉まん”という肉まんが
一番のおススメ。生姜と胡椒の
強烈で上品な辛さがジワります。

三笠市「まんぷく」さん

チャキチャキの気風のいいお母さんが
厨房を仕切ってます。心地よいです。

ホロフカがいつも注文するのはメニューに
載って無いウラメニュー「ナンコ煮定食」です。

ナンコとは”馬のホルモン”で牛豚と全く
違うクセのある味が特徴。好みが別れますが
私は大好き、定期的に食べに行ってます。

・・・・・・・・・・・・

さて、今回からGWまで案内を打ちます。
「軟式サバゲー部!」にでどれだけお力に
なれるか判りませんが、エクセルホビー
店長さんからのご依頼を受けて
ココでイベントのご案内!



きたる5月5日(土)
ARIAKEBASEさんで「春のエアコキ感謝祭」が
開催されます!文字通りのエアコキ限定戦!

詳しくはエクセルホビーのポスターを
チェックしよう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・




同じカテゴリー(イベント・お店訪問)の記事画像
とまコス2018 なんなの?ガイコツ?
とまコス2018 行き当たってばったり
雑踏彷徨のリユニオン
そのどれもが主張する
ワンフェス放浪記
止まない雨、癒えぬ渇き
同じカテゴリー(イベント・お店訪問)の記事
 とまコス2018 なんなの?ガイコツ? (2018-11-14 19:19)
 とまコス2018 行き当たってばったり (2018-11-08 02:14)
 雑踏彷徨のリユニオン (2018-09-23 10:16)
 そのどれもが主張する (2018-09-18 01:01)
 ワンフェス放浪記 (2018-09-09 02:50)
 止まない雨、癒えぬ渇き (2018-08-29 23:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。