そのどれもが主張する

2018年09月18日

渋いわー。

ワンフェス会場に鎮座してた95式軽戦車。
ミリと無縁な女子も写真撮ってた人気者

さて、前回の続き、昼食を済ませた3人は
またしても会場にバラばらけます。

最初にごめんなさい。記事書くのが遅すぎて
もう歩いた順に並べられませんので、
紹介はバラッバラです(笑)

食欲が満たされたので今度は性・・・。ちがう
18禁コーナーに向かいます。大人でよかった!

区切られているだけあってココは真の別世界。


無論ガンパーツなどの用品は18禁ですが。。。


18禁と言えばやっぱこういう世界(笑)

この女性は丸ごと等身大のツクリモノ。


公式では難しいギリギリ造形物がいっぱい。




ここまでリアルになると悪い事してる気分に(笑)


大きめ女性の肩こり話を聞いた事あるが、、、
肩こりどころか立てないと思われ。

でも・・・ぼかぁデカイ方が好きだなぁ・・・。

女性読者からバットで殴られる前にミリタリー
ブースへ移動。



今回は旧日本軍のルノー戦車。無骨なデザインが
意外と日本にマッチしてる。

その近くにはみんな大好きベトナム物、兵員輸送の
M113、渋い。


近くにはキューベルワーゲンもあり。


385式戦車もありました。

何?と思い、展示者にお話を聞いた所。すべて手作り
オリジナルデザインの「ミヤコ式戦車」だそうです。

なんと作成は現役高校生!何という青春!
こういう情熱は見ている者に伝わります。熱いぜ!

タンカースなケイお姉さんと一枚、明るい方で
ステキに撮らせていただきました。




ふたたび会場に流れるホロフカ。


そうだ!小林先生のブースまだ行ってない!


色々楽しい展示を見ながらフラリ


フラリ、


フラリ、

すわっ!ダージリン様!

源文先生のブース到着。。が、なんか。。
あれがそうなんだろうか?いや、そうだ。

…源文先生。完全に出来上がってダンボール
敷いて寝てるし!

流石です先生!(笑)

写真撮るわけにも叩き起こす訳にも行かない。
よし、もう一回りするか。

ワンフェス、全くもって底が知れない。

 ―まだ続く―  


Posted by ホロフカ at 01:01Comments(2)イベント・お店訪問秋葉原