柏木の事

2017年09月21日

今回は小話。


むかーしむかーしでもないある日の事、
ホロフカとナセルが札幌に行きました。

札幌の白石区にキッズドラゴンという室内で
エアガンが撃てるステキ店があり、そこの
シューティングレンジでの試射をしてきました。

まあ、今回はあくまで試射、G5とAKライフル
を心ゆくまで撃ちましたとさ、めでたしめでたし。

ミリタリー終わりー(笑)

その夜、晩飯を食べようと街まで繰り出す。
今回はこじんまりと焼肉を食べた。。その時の話。
ココでタイトルの「柏木」が出てくる。

後ろには別の先客がいて、若い女性、若い男、
おっさんの3人だった。3人の話が黙々と食べる
我々の耳に大音量で入ってくる。


女「柏木君、なんか7万円の棚を買ったん
  だって、電気とかついて光るヤツ。それに
  アニメフィギュアとか乗せてるんだって!
  7万とか考えられない!」

おっさん「変わってるからねー、彼も。」

男「〇〇ちゃん、オタクの人の趣味に
  ちょっかい出しちゃダメだよ。
  あのテの人たちって”本気”だから。」

ココでナセルとアイコンタクト。

ナセルもミノを焼いてる素振りで
聞いていた。長い付き合い、この辺は
阿吽の呼吸、サバゲーマー(笑)

俺たちは期待した、萌え、オタクが市民権を
得つつある昨今の状況から、
この男が「柏木」のロマンを、男視線で
代弁してくれるだろうと・・。


男「俺さー、柏木の家に飲みに行った事
  あってさー、エヴァンゲリオンの
  アヤナミレイのフィギュアとか
  飾って置いてあるのさ、それに向かって、
  ビールの空き缶投げたら本気で怒るのさ!
  やめてください!△△さんでも怒り
  ますよ!とか、もー真剣www」

女「えーwなにそれー。マジでー?!」

男「だから、だ・か・らぁオタクの人の
  趣味に手だしちゃ駄目って事っ!」  


俺はコーラを一気に飲み干す、
ナセルはサガリを一気に裏返す。

何という、、、なんという胸糞連中。
柏木が怒るのが判らないのか?!
アヤナミレイ?それ、レア物なら二度と
手に入らない代物だぞ?

どうやって弁償する?多分できねーぞ。
オタクな私ならそこまで考えてしまい
おいそれと触れない。いや、触らない。

・・・空き缶を投げただと?外道め!ゆるせん!


思わず七輪の上のホルモンを網ごと捨て、
トングで炭を挟んで男の背中に放り込む。
叫び転がる男!
「綾波はもっと痛かったはずだ!」

「な、なんだ!」と騒いだおっさんの
口にも炭、女には七輪を丸ごとぶつけて――

…と、やりたくなったが、駄目だろ(笑)

形はどうあれ人が大事にしているものを
「価値観が違う」それだけの理由で否定、
果ては破壊しようって…ISかよ。お前ら。

会社勤めが出来る歳の大人がどうしてそんな
了見の狭い真似ができるのかと聞きたい。


お前の車がホロフカの趣味に合わない、
そんな理由でAKワンマグぶち込んだら?
「ホロフカさんでも怒りますよ!」
で済ませる?

その後、後ろのテーブルから「年収わ―。」
とか「出世できる人と―。」みたいな、
騒々しくなったので店を変える事にした。

こうなるとヤクザやヤンキーと同席の方が
まだマシである。

2件目のファミレスにてパフェで乾杯。

「柏木に。」「ああ、柏木に。」
同情しながら男二人でパフェを食う。
親の仇か柏木の仇か爆食する。
こんな事しかしてやれない。

オタクなので。

オタクや萌えはまだまだ市民権を得て
いなかったんだと再認識した、
そんな夜でした。

市民権?いらないからほっといて
ほしい。  


Posted by ホロフカ at 13:35Comments(2)雑談・その他

オカンと僕と常にオトン

2017年09月13日

 「ミサイルより眞子様の報道が見たいわ」
―皇族好きの母、チャンネル回しながら―

サバゲーマーにとって中々に必要とされる
スキルとは何か?銃の扱い?仲間との連携?


私の場合は「裁縫」のスキルだと思うんです。
BDUがほつれたり、ちょっと直したり。
あって困らないどころかあるべきスキル。


以前、親戚で裁縫が出来る”淡島お姉さま”
にチョコチップBDUの肩にパッチを付ける
モサモサの方を縫い付けて頂いたのだが、

腕は確かで気さくなヤツなのだが、肉食系
なので高く付いた(笑)↓


会う時間が取れないので、今回は実家の母に
裁縫をお願いする事にした。

今回のお題はイラク装備で使ってるBDU、
ウッドランドの肩にモサモサを付けてもらう。

母「あんた、まだ戦争ゴッコやってるの?」
ホ「やってる。結構飽きないもんでね。」
母「この●と■をくっつければいいのかい?」
布に線を付けるチャコマーカーで位置決め。


ホ「ところで俺、雑誌に顔が乗ったんだよ」
母「何やってるのー。勝毎新聞じゃないべね」
ホ「これ、この雑誌。」


父「なんだ?グリーンベレーかコレ?」
ホ「サバゲの雑誌、コレに乗った。」
母「わー、止めてよ、恥ずかしい子だよ。」

ホ「何がどう、恥ずかしいんだよ、勝毎じゃ
  ないから皆に見られる事はないだろ。」
父「ドコにのった?」

ホ「ここ、78ページに載ってるわ。」
母「サバイバーする人こんなにいるの?」
父「この白髪の子は歳幾つなんだ?」


ホ「見づらいけど、ほら、ココ」
母「そこのメガネとって、メガネ。」
父「ウサギの子も鉄砲で戦うのか?!」

ホ「このちいさーい、コレ、このヘルメット」

母「なにコレ?アンタなの?判らんしょ。」
父「・・・シャツの男もコレで戦うのか?」

ホ「俺、俺、間違いなく俺だよ俺!実の子
  ワカンネーのかよ!親父は学生の
  時から俺を見ようともしてないしww」

母「まあ、これなら恥ずかしくないわー。」
父「北海道の女子は全部で5人なのか?」


そんなこんなで母の準備が整う。嫁入り道具
だという足踏み式のミシン、凄い年代物だが
今だに現役稼動、小野田さんの38式並の
メンテナンスがうかがえる。


手に職を持つ母、●も■も難なく縫い上げ、
最後に淡島も使ったクルクル糸をまとめる
技も披露。金の卵、ひよっこ世代である。


母「こんなもんかい?●と■左右バラバラで
  いいのかい?」
ホ「イラク軍の格好だから適当でいい、
  むしろ適当な方がソレらしいんだよね。」
父「ん?森林迷彩なんか砂漠で着ないだろ。」

なのでスマホをつついて画面を出す。

ホ「ほら、イラクの偉い人。ウッドランド
  着てるでしょ、一般兵も着てるヤツいる」

母「あら、いい男だ。」
父「内務大臣、アル・アジード・イブラヒムだ」

ホ「・・・あんたら、何なんだ。」

ちなみにいくら調べても出てこない
”アル”は親父が即興で作ったイラク人だと
後日平気でのたまいました。

また父さんが嫌いになりそうです(笑)
  

Posted by ホロフカ at 14:18Comments(4)イラク装備

第五旅団創設13周年!

2017年09月07日

 
帯広駐屯地創設66周年で第五旅団創設13周年で
帯広駐屯地一般開放なので行ってきた話の続き。

チョコバナナのチョコを口に付けて通りすがりの
お婆さんに言われてチリ紙もらった所から再開。
前半はコッチ↓

展示車両を1枚。何気に子供が群がる人気車両。
判る。解体現場で民家をブチ壊してる姿はまさに
”破壊神”崇拝の対象になるのもうなずける。



名前強そうだし!範馬バキのライバルみたいな
パワーワード。(笑)


あ!”アイツ”お目当てのアイツが来ました。


90式です。毎年同じ所、99式榴弾砲と
トイレの間に空いた謎の空間がコイツの駐車場。


後ろ向きに来ます。またしても「むせる」迫力!
これはインスタ映えする。・・・やってねえけど。




最後に少年がカブり付いて駐車完了。
ココに90式が停まるのは数年前に来た祭りで確認
済み。トイレで色々あった話はコッチ↓

急にドガンと空震と爆音がお祭り会場まで響く。
大人がビビる迫力サウンド。乳児は一斉泣き(笑)

一路式典会場へ、パラシュート降下見逃したー。

うっかり望遠レンズを忘れたホロフカ、以下模擬戦
写真は通常レンズの限界をお楽しみください。


90式の砲撃、コイツが空震の正体。近くで聞くと
さっきのカキ氷が悪さしそうな程に腹にキます。


スモークも上がり盛り上がってまいりました!
続いて低空でコブラが現れます!

な、なんじゃぁこりゃぁ!(←渾身の優作)
スモークとドテっカブりじゃない!狙ったって
撮れない写真がココで撮れました(笑)


90式の砲撃後、装甲車登場!

隊員展開!制圧終了!お見事でした!揃うって
カッコイイしそれだけで強そう、よって我々安心!

で、・・・このまんま、閲覧に来ていた関係各位の
ご来賓がバスではけるまで。ずーっとこのまま。
ストイックな世界。私?待てずにハケました。



再び装備品展示会場へ、我ながらアッチコッチに
歩きます。基本大きな音のする方へ行きます(笑)


良い音がするイベント会場へ、尺八とフルートの
合奏です。和洋の見事なハーモニー、アリです。


「野外手術システム」 トラック荷台が手術室に
なってました。若い隊員が「乗りたくねー」と
ギャー言ってました。


ノコギリ、トンカチ、ノミ、ヤスリ・・・。
鋭いハサミにカギ状の「何か」。
これ、人間用ですよね(笑)


10式雪上車。うん、ファニーな感じがイイ感じ。
でも私が見たいのは違う10式(笑)


例のたくましい車。ぺたぺた触ってみました。


なんか、ツルツルとザラザラの場所がある。
ドイツ脳だと「ツェメリットコーティング」
磁石地雷対策の塗装か?と思うが・・・。

判らないので隊員さんに聞く。
「上に乗って点検整備する時様の滑り止めです。」

あ、車に上がるんだ。踏むなとか踏む前提の加工
とか、奥が深いな自衛隊。

ブオォオオーン!また式典会場から大サウンド。
戦車試乗のお時間です!


ジープとか、装甲車も乗れますが、やっぱりココは
戦車一択でしょう。

ただ、「日本の」戦車は上に人が乗る前提で
設計されてないので、ジエットコースターの様な
安全バーつきの仮設のカゴに座って乗ります。

よって1回に5~6人程度しか乗れません(笑)
これは効率が悪い。ロシア式にデサントすれば
10人は乗れるだろう・・・。ヤだけど


で、いよいよ搭乗。写真の暇もなかったですが、
ヘルメットを着用せよとの事。まあ、手間取る
一般の方を尻目にサバゲーマーのワテクシ、
難なくサパッと着用(笑)


私が乗ったのはドーザー付き。体験試乗の
性能に「なんら」影響はないのですが。乗るなら
コレでしょう!


戦車兵の自衛官の方、かっこいい!戦車に
乗るならソコがいいです!(懇願)


発進!スマホでムービー撮ってる方がほとんど
でしたが、私の場合、後で見ても見せてもイマイチ
伝わらないのでしっかり体験しておきました。

戦車の上は想像以上の爆音(笑)マフラー付けて
コレ?

後は振動!心も体もピョンピョンするんじゃぁ!
でもソコがイイんじゃぁ!

キャタピラでゴリゴリカーブを削るのは最高に
圧巻でした。
土がネリネリ掻き出されます。

興奮状態のまま終了。ホント、良い体験でした。
・・・うん、文章や写真じゃねえな、ムービーが
良かったかもしれない(笑)

最後に、式典で最も多く行列を作り、子供に
一番人気の戦車の写真を貼ります。

なんのかんので平和が一番いいやね。  

Posted by ホロフカ at 20:32Comments(4)お店訪問記録

帯広駐屯地創立66周年!

2017年09月04日

2017年9月2日(土)よく蒸した曇りでした。


タイトルまんま、帯広駐屯地一般開放に
行ってきました。台風はどっかにそれて雨なし。

仕事休みでしょ、地元でしょ、ミリオタでしょ、
行かない訳がないです(笑)

駐屯地の正門からすんなり入場。
会場に入るといきなり「AH-1S対戦車ヘリ」
がドーンと停まってました。


さすがに大人気。カッコイイから仕方が無い。




凶悪なバルカン砲。


行列に並んで上の方をぱしゃり、レア写真。



自衛隊の乗り物には日本語で注意書きが書いて
あります。「アンテナふむな」
これで踏んだらかなり怒られそう(笑)


ヘリパイロットのヘルメット。記念撮影。


しかし薄いです。聞いてみると幅90cmとか!
「さらに薄く」を目指すらしいです。マジで?ww


こっちは「OH-1」偵察用のヘリ、なんとなく洗練
された新型感があります。


コブラと違ってなんかぷくっとしてる。鼻の穴
みたいなのもあるし、どことなくムーミン感。


コックピット撮影OK、なんかレバーとツマミと
スイッチとボタンとダイヤルとランプでした。


コイツ好きです「99式自走155mm榴弾砲」
ものすごいパワーを砲身から感じます。


後ろから。”上から見るか横から見るか”みたいな
アニメ映画があるが、アハトアハトばりの
禁断の水平発射が見たい。


ドドドド!エンジン音が奥から聞こえて来た。
招待客への観閲行進が終わった車両がハケると
アナウンスが風に乗って聞こえる。

よし来た!ザンギの売店に並ぶの中止、
カメラを抜き、ハケる道路の撮影スポット確保!
これから写真貼りますが、ホロフカは自衛隊装備は
知識さっぱりですのでソコんとこヨロシク!(笑)

バイクと6輪の装甲車。いきなり名前知らないw

地面が濡れてるのは事前に走った散水車のせい
これから来る車両の土ぼこりを抑える為だろう。


これは8輪の装甲車「96式装輪装甲車」。詳しい
名前が書けるのは看板を撮ったヤツだけ(笑)


国道でたまに見かけるたくましい車。隊員の銃を
握る指はピンと伸ばしてトリガーから離れてます。


陸自救急車、自分の街にコイツが来たら相当ヤバイ
状況だと思うんだ。


クレーン車かな?この手の車両は一般道で会うと
ガッカリだが今日は別です。


また来た99式!地響きがハンパないです。
やはりキャタピラマシンの音と振動は萌えます。

ん!空を裂くチョッパーサウンド、上空にヘリ!







タンク&ヘリ、もう「たまごかけごはん」クラスに
最高の組み合わせです。




ドーザー付きの90式戦車でシメ。こやつらの
エンジン音と排気ガスがハンパない!
呼吸器的にもボトムズ的にも「むせる!」


全車両がはけたので今のうち腹ごしらえ。
出店が出ててまさにお祭りです。




ミリオタをくすぐる良いお店です。後で来よう。


栄養バランスとか考えない、子供だったら
お母さんに叱られる、ちょっとオトナの
ワガママランチ。バナナはいつでも最高。

・・・とか食ってる端からシャッターチャンス。
装甲車がすぐ横を走ります。



これは土手の下からあおりで撮影。
自衛隊の人も土手の下でカメラを構える私から
不意打ちを喰らって微笑み返しでした。

この時間ならアイツが来る。構えて待ってよう・・・。
(もう一話つづく)
  

Posted by ホロフカ at 13:52Comments(0)お店訪問記録

タマを潰す!!

2017年08月30日


「え?最後の瞬間がお前と一緒なの?」
―Jアラートを会社で受けて後輩に一言
 ホロフカ―

後輩は無言でこめかみを押さえてました。


今日は小鉢に入ったBB弾をお箸で別の容器に
いかに早く移す作業をレポート・・・

いや、どんなに暇でもそんなマネはしない(笑)
今回の話はBB弾にスポットを当ててみます。

砦さんにお邪魔するに当たり、BB弾の準備を
していた時の写真↓

バイオ、エクセル、なんだか判らない弾、プラ弾。
ボトルには重さもメーカーもマゼマゼになった弾。
まあ、色々ありますわ。主にサバゲ引退者からの
いただきもの。それを長ーい事保管。


砦さんは弾の材質を特に問わないという事で、
普段は使わない「非バイオ」弾を持って行く事に
しましたが。。。

しかし、有り合わせの袋に入れた“何か”の弾は
自分でも何が何だか分からなくなりました。

そこで、或るお方に教わった方法を今こそ試す
時が来たわけです。必要なのはコレ↓

ぺんち。平仮名で書くと間抜け感が半端ない。
軍用とかじゃなく普通ので。写真のコレは
保管がアレで若干錆びてます。

「ふぬぁあぁっ!」

コイツでおもむろにBB弾をはさみ潰します。


写真は茶色いバイオ弾を潰した所です。なんか
簡単にムニュッと潰れます。破片は出ません。


続いて白い謎の弾を潰します。基本固いです、
で、パキ!っと音を立てて勢いよく砕けて
しまいます。破片も出ます。

さて、挟んで砕くと異なる結果となりました。
この現象の差から以下の事が言えるそうです。

・むにゅっとやわらか潰れるのがバイオ弾。
・粉々に砕け散るのがプラ(非バイオ)弾。

バイオ弾はワッフルみたいになってます(笑)

ちなみに、貰ってから数十年経ってた弾は正直
むにゅっと潰れたり、粉々になったり反応が
マチマチだったので全部捨てました。
一応袋にバイオと書いてありましたが…。
得体の知れないものを使うのはマズイです。

教えて貰った方を「或るお方」としたのは
この変な弾のせい。一概にどっちがどうだって
言えなくなった(笑)

確証持って言い切れないのが「軟式風味」です。

最後に「ムニュウ」を擬音でで感じつつ、
漢字で「無乳」と書くと
有るんだか無いんだか判んないなと思いました。

  

Posted by ホロフカ at 15:43Comments(4)戦闘装備

ミリタリック・サラリーマン

2017年08月24日

「昨日はインフィニットストラトス中に
 お電話して申し訳ありませんでした。」
―退社後に仕事電話をかけて来た後輩の
 翌朝の挨拶―

今回は”お仕事とミリタリー”で書いてみました。

ホロフカは「ミリタリーなお仕事」する人でなく、
普段は民間の会社のサラリーマン、超・民間人
しています。(笑)

一発目はこのデジタル迷彩な靴です。
中国人民解放軍のトレーニングシューズです。

今時期ちょっと靴の汚れる仕事をするホロフカ、
使い終わったらブン投げてもいい様な靴を
買ってきました。わざわざ、ナセルが、札幌で。

ミリタリー関係ない会社の人にはオシャレな模様に
見える様で意外な高評価だったりします。

・・・しかしコッチの写真みてください。↓

ゴムタイヤかよ(笑)まあ、新品の証ですがねー。
一発型抜き製法なんでしょうか?ちょっと切って
仕上げるとかしないんですね。雑だわー(笑)


靴裏には「軍用品」とガッチリ銘うってます。
底面はガッチリ接着されて頑丈は頑丈です。
まぁ、デューティーな使用にも耐えうるかな?


ただ、底のクッションなんて甘ったれた物は
付いていないので私の足裏が耐えうれませんww
これ履いて訓練とか、たくましいな解放軍(笑)


続いてはコレ。何でしょうか?
これもナセルが中田商店まで飛んで買いました。


はい、カードフォルダーになってます、全部病院の
カードだったりしますw。改めて見ると色々ある。
あれ?体弱いのか?もしかして(笑)

まぁ、会社員たるものいかなる
病気にもタクティカルに対応したいものです。


うそ。
診察券をすぐ無くして再発行ばかりしてた私。
看護師さんの「またかよ」みたいな顔が
怖かったのでまとめる事にしました。
これでもう怖くありません(笑)

最後にMAGFORCEのパスケース。
会社支給のケースがとてつもなく
ダサく感じて札幌で自分で買ったー。

毎日使っています。いちいち扉に
社員証をかざさないと入れない
弊社のウルトラ面倒くさセキュリティ。

まあ、他にも色々入れられるので便利です。

忘れっぽい私はメモ用紙とボールペンが必須。
会議で絶対に眠たくなるのでミントも常備。

内側も色々工夫されてて、小銭入れもあり、
カードホルダーも充実してて各種入ります。

・・・酷いな、おおよそ大人のカードではない(笑)

というわけでサラリーマンホロフカは仕事でも
ミリタリーを愛して止まないのでした。

うん、程ほどにしろって声もあるんだ(笑)

  

Posted by ホロフカ at 14:37Comments(8)生活装備

ワンフェス2017夏参戦?

2017年08月19日

2017年07月30日 ワンフェスSUMMER  


・・・行ってません(笑)写真はメールで
送られてきたもの。


この日はコッチ↑「カミサバ」にガッチリ参加して
ましたからワンフェスは行けませんでした。

じゃあ、何の話かって?

実はホロフカの仲間、トーキョー秋葉原担当の
カズカズさんがワンフェス参戦されるとの事で、
会場で”お買い物”をお願いしてましたとさ。

何を隠そう7月30日、我々の組織はワンフェス&
カミサバの両面作戦を遂行していたのだ!
この作戦を名づけてry)

で、先日そのお買い物商品が我が家に届きました!
開ければパンフレットも入っている。GJである。


・・・ってよく読むと赤ペンで会場に色々チェック
一直線で店がつながる攻めのライン取り(笑)
これはベテランコミケ職人の挙動じゃねえか(笑)


ワンフェスパンフの横に写る”白い箱”が今回
依頼の品物。で、開けます。

どーん!

モンハンのクリーチャーではありません。
「ヒシガニ」様です!トゲトゲハンパないです。


「イワシ金属化」さんというサークルの夏の新作
です。本物カタヌキ、オール金属フィギュアです!

今年の2月ワンフェス冬でスベスベ饅頭ガニを
買ったのがきっかけ、蟹作品にハマリました。
・・・ヒシガニ、少数生産を良く押さえた(笑)

日本の家庭に必ずある一般的なシュークリーム
と大きさを比較していただければ一目瞭然。

その迫力たるやスベスベ君もびっくりです。

じゃ、こやつを使ってパッチ紹介などひとつ。

カミサバ参戦記章、
「戦えピッチョリーナ」パッチ!

黒のバックに白のマーキング、良く映えますね。
あと・・・向かい合わせの馬の顔でしょうか?
そう見えたら疲れてるとかテストでしょうか?

もうひとつ、「PRESS」のパッチ。

これも白黒でよく目立ちます。ポイントは下の
アラビア文字。コレが有るのと無いのとでは
アラブ感が全然違います。
・・・英語Tシャツみたいにアラブの人が見たら
すごい事書いて無ければいいけど。

カメラ使う事が多くなったからさ、うん、そのうち
コミケとかに使う気なんだ、PRESS(笑)

お気に入りの戦闘スタイル(’17ワンフェス冬)

  

Posted by ホロフカ at 16:49Comments(2)パッチ

夏なのでこういうの

2017年08月14日

夏だし、今回はちょっと違う話。
スピリチュアルな内容でお送りします。

尚、以下の方は読まない事をおススメ
します。

1、長文ダメな方。
2、現在入院中の方。
3、シックスセンスな方、そっち強い方。
4、夜、一人でおしっこに行けない方。

入院当時、持っていってたノートPCの
中から日記?走りのデータが出てきた。
ヤな事思い出した。2014年冬、


ホロフカがブログを始める少し前の話、
首を痛めて入院していた時の話。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


私は朝の「マッサン」を見るのが日課で、
ミリなDVD見たり、ミリな雑誌読んだり、
ミリブロの開設に向けて記事を書いたり
それこそミリタリ三昧で過ごしていた

↑※ココでミリタリ終わり。

患者の中に、ずっと喋ってる長期入院の
オバサンがいた。それこそ口に飯が
入ってる時以外はずっと喋る人。

おしゃべりにはおしゃべりな仲間が
集まるもので、ロビーや喫煙室で何事か
ずーっと話をしている。暇なのだろう。


私は「自分のペース」ってのを大事に
したい性分。基本賑やか好きなのだが、
あえて仲間には入らなかった。
仲良くなるとベッドまで話に来るらしい。

ある日の夜。


ナースコールが鳴ってバタバタと看護婦
さん達の走る音が絶えない夜があった。

外科なので救急車で結構キツイ状況で
来る人もいる。家族の泣く姿はこれまた
キツイ、オペの結果が出る前に
そこから立ち去ってやるのが入院患者の
暗黙だったりする。

その日は特に足音が激しかった。行ったり
来たり何往復も、何往復も。ひどい違和感が
あったのを覚えている。

当然、翌朝はその話題でオバサン軍団は
持ちきりとなる。「足音うるさかった」
「寝れやしない」私はと言えば寝つきは
すこぶる良い人間。いつの間にか寝たらしい。



でも気になったのは朝の雑談に出てくる
「あの子」という単語。ここは大人の
病棟、子供なんかいない。「あの子」とは
娘さんとか若者を指すんだろうか?
気になったのでオバサンと話・・・

したかったけど止めた。なので、

何の気無しに検温に来た看護婦さんに聞いた。
「昨日、子供とか夜中に何かありました?」
「え?子供なんかいませんよ?」
ニッコリ微笑むその顔にはっきりと「ウソ」が
読み取れた。採血もウソも下手なのかよ。


それ以上は、、一気に違和感、不審さを感じ
口を閉じる。「マジかよ」が率直な意見。。

その夜の事。

例のオバサンがおしゃべり仲間と消灯前、
ロビーで話していた。はっきり「あの子」と
言っている。「今晩来る」とこれまた
はっきり聞こえた。

いよいよ詳しく聞いてみたくなった。
意を決してオバサンに話を聞こうとした時、

「うるせぇぞ!婆ぁ!」怒鳴り声が響く。
ロビーの雑談のボリュームに耐えかねて
どこかの爺さんがキレたらしい。

結局、オバサンに話しかけるタイミングを
失い消灯時間。自分のベッドに戻った。

昼間の看護婦さんのウソ、あの子、今晩来る、
ベッドに潜ってそんな事を考えてしまう。
0時を回っても寝付けやしなかった。

「びーびー、びーびー」
ナースコールが鳴ったのはその時だった。
私の部屋のさらに奥の部屋だ。

あの子が来る?血が沸くのか凍るのか、
皆も人生で一度は味わうあの怖い感覚。
看護婦さんが奥の部屋へ行く足音がする。



大抵の人はこういう状況になれば耳を塞ぎ、
出来るならオダイモクを唱えるのだろうが、
私という人間は、なぜそうしたのか、
今となっては判らない。ゆっくりベッドの
カーテンを少しだけ開け、廊下を覗いた。

好奇心なんて蛮勇ではなく、得体の知れない
物に対し、訳も判らず怖がる歳でもないので、
「見てやる」ってのが強かった。
見たものが怖くて怖がるなら筋が通ると
言うかなんと言うかだ。説明出来ない。

「びーびー、びーびー」またコールが鳴る、
逆光で見ずらいが、さっきの
奥の部屋に向け、ステーションの方から
2人の看護婦さんが何事か話しながら
こっちに歩いて来る音がする。



逆光だが2人は2人、よく知る看護師だ。
―「あの子」なるものはいない。
確認すれば充分、覗き見がバレても面倒
なのでカーテンを閉め、ベッドに戻る。

奥の部屋に行く為、部屋の前の廊下を
通った時だった。

強烈な違和感と得体の知れない出来事への
息が止まる程の恐怖。物音一つたてたく
なかった。

足音が聞こえた。はっきりと3人分。

”ぺたぺたぺた”

明らかに大人のソレとは違う
歩幅の狭い裸足の足音。。。


カーテンなんか開けられない。奥の部屋
から2人が帰って来る時は目を閉じ、
耳穴に指を突っ込んで通過を待った。
足音なんか聞けないよう無言で無心で。

その日のナースコールはコレで終わった
・・・のか、



ベッドの中でとにかく携帯を開き、
Gショックのライトを照らしながら光や
明かりに守られようとした、気が付いたら
寝ていた。ホント、自分の寝付きに感謝。

こういう話にオチや後日談は付き物だが、
私はあのオバサンに接触はしなかった。
お化けより面倒な事になりかねない。

それからは消灯PM8時には寝られる様に
昼は寝ない、消灯前のジュースも止めた。
お陰で0時にナースコールに気が付く事も
なく朝まで快眠。やっぱり寝付きに感謝。

看護婦さんにあの夜の足音を確認したり、
過去の事件・事故を探ったりしない。
アッチ側の病院に転院させられかねない。

奥の部屋の人がどういう人でどうなったか
なんて知りたいとも思わない。

だからこの話はここでおしまい。


でも確かに足音を聞いたのも事実なんだ。



軟式らしくないのでオチ。↑

  

Posted by ホロフカ at 08:51Comments(10)雑談・その他

カミサバ やっぱ楽園

2017年08月07日


2017年07月30日(土)カミサバ


カミサバ午前の部が終わり、お昼の時間です。
ぴっちょりーなさんとのお写真いただき、
カレーを食べてひと心地ついた我々。
詳しくは前回ブログ↓

ぴっちょりーなさんとか




フル装備のままフェスタ各所に遊びに
出かけます。平穏だったガーデン内が一気に
カオスに変わりました。(笑)

まずは派手な音のする方へ歩を進めます。

アイドルコンプリートコレクション、
”世界制服キラーチューン”のライブでした。


やっぱり生の歌って直で心に響きますね。


素直に聞きほれるアーマー2人組(笑)

ガーデンを移動しているとパンツ…じゃないw
アーミーさんたちに遭遇。



合流してアイス屋さんに行きました。ゲームの
後のアイスは他に比べる物の無いゴチソウ!

勇者様とアーマーブラザーズも至福の時。


シェパード君と飼い主さん。ちゃんと手すりに
繋いでます(笑)甘やかしちゃう飼い主さん。



お年寄りから子供まで大人気でした。

痛車ミーティング会場へ。

コダワリのきついラーメン屋風ポーズ。




見事なお車です、japanの文化財指定を受ける日も
近いと思います。


そんな中で私が気になっちゃったお車がコレ。
松本零士先生のクイーンエメラルダスのお車、

作品もキャラも詳しく知りませんが、、、

コレ、手書きです!!絵描きの端くれとして
ガッツと技術に圧倒されました。

お隣ではドールの撮影会が開かれてました。

中々の気温だったので娘さんも大変だったかと。
「写真イイっスか?」と海老蔵スタイルで交渉、
「ぜひ撮って下さい。」と快諾いただきました。


「テーブル切って撮影するとその子がまるで
公園にいるみたいですね!」謎に会話が弾み
すっかり意気投合。


最後は”ホロフカ撮影会”になりました(笑)
ホ「俺を撮ってる人ごと俺を撮れっ!」
ナ「なんだこれww」

コスプレを楽しむレイヤーの方もアチコチで
思い思い楽しんでおりました。カワイイので
ツーショットお願いしちゃいました。

キャラとか世界観とかアレでごめんなさい(笑)


幻想的なロケーション多くてファンタジー系の
レイヤーさん多かったー。あ…、勇者もそうね。


ちゃんと花と緑も楽しみましたよ。えーと、
オトギリソウかな?




ステージでは”ぷりんせすたいむ”のライブが
始まりました。これまた盛り上がる。海兵隊が
見てると慰問ステージみたい(笑)

木陰の涼しさと、木々を抜けるそよ風を感じる
ウッドデッキでしばしの休息。



だらしなく、それでいてシュール。

一つ気が付いた事、それは我々以外のいわゆる
”一般のお客さん”について。

イベントに興味がある人は我々を見ます、目が
合えば微笑み、微笑返しとなります。

いきなり写真も撮られます(笑)

一方で興味が無い、不快を感じる人は我々を
見ようともしません。我々の存在がソコに無い
かの如くにスルーしていきます。


たぶん幽霊と霊能力者みたいな関係なんだろう。

イベントに夢中で1ゲーム遅刻でゲームに復帰。
でも、ライブ会場に未帰還兵がチラホラ(笑)

無念な事に午後からは2ゲームで帰還。
ホント残念な我が体力・・・。


メイド喫茶だけ誰も居なかったので泣きながら
諦めましたが、ゲームもライブもコスプレも
痛車もドールもゲップが出るほど満喫。
・・・コッチで体力使っちまったか?(笑)

「お気を付けて!」「またあそぼー!」
途中で抜ける我々にすがすがしい別れの言葉。
うれしかったです。一期一会ってヤツですね。


HRCTのみなさん、あめいずのみなさん、
カミサバで出会ったみなさん。良い時間を
ありがとうございました!

さて、いつもの事なのですが私ホロフカは
夏になると仕事が過激に忙しくなります。

なのでフィールド参加はしばらく休眠です。
ナセル「何の写真だコレ?w」

次回は秋頃かな?トンボと一緒に現れます。
その頃また遊びましょう。いや、遊んで!


※帰り道、タウシュベツ川線橋への森道で
圧倒的なパワーを見せ付けるワテクシ。



倒木見つけたら必ずやるのな(笑)

  

Posted by ホロフカ at 00:59Comments(4)参戦記録

カミサバ 緑の楽園

2017年08月04日

2017年07月30日(土)カミサバ


カミサバ当日の朝。一等賞では無いにせよ早く
駐車場に到着した我々。

カミサバは会場と駐車場がちょっと、、いや
結構離れているとの事前メールがあったので、
移動しやすい様にいつものボストンバッグから
デカリュックにしたのでした。

入場手続きを済ませ、「大雪森のガーデン」
まんま公園の中に!


で、いきなりコンタクト!本日のゲスト様
「戦え!ぴっちょりーな」さん&スタッフの
サーバルちゃん!両手に花でございます!

突然本日の目的の9割強、達成です。

かわいい娘さんたち。BB弾売りの少女。
そりゃみんな買うよね(笑)


どこかで見た人達(笑)いつもマタギのアジト
で遊ぶメンバーもカミサバ参加です!

木漏れ日のレオン。むぅ、絵になる

「いつでも撮れる」と中々撮らないマタギ勢、
ちゃんと撮ったのはコレ初めてかもです(笑)
遅れて来た伝説さんごめん!また写真とろう!

さて開会式!

ゲーム進行、H.R.C.Tさんの陸自先生。
参加者全員バチッと仕切って下さいました!


ぴっちょりーなさんもハイテンションで挨拶!
コンバットマガジンの取材しますとか!?
載るの?!雑誌に?

マガジン抜く、トリガーに指を掛けないとか
全国共通のモラルの呼び掛けは良かったです。

ゲーム支度の合間に写真。

中尉登場。いつもに比べて軽装が過ぎます(笑)

言い張ってたPT装備って「パンツとTシャツ」
装備って事?森の中ですぜ、アーミー諸君。

砦戦、東ドイツ合わせでお知り合いになった
「ばんちゃ」さんは旧日本兵で参戦。

緑の中で撮るとほとんど本物(笑)

日本人が日本の装備をするのでとんでもなく
似合います。


ゆのちゃんとも初コンタクトです。肩にYUNO
パッチをしていたので、もしかして?と思い、
中尉を介して顔合わせ「軟式のー。」「ああ!」

で、2ショットいただきました。変なポーズまで
真似していただき光栄です!

さてゲーム開始!

ゲームフィールドは思いっきり公園内です。
「公園など公共の場所でエアガンを使わないこと」
エアガンのこの注意書きも今日はナシナシ!ww

フィールドは思いっきり高低差のある斜面です。

撃ち降ろしが有利かと思いましたが、んな事なく
不思議とバランスの良いフィールドでした。

ま、散策路のある公園なんだけどね(笑)

皆好きな装備、好きな銃持って色んな所から
集まってるんだけど、カミサバを楽しむ
仲間。すぐに連携出来ちゃう、素敵な一コマ。

相変わらず戦闘中の写真は少なめ、ゲーム中は
引き金引いていたい私。

さてお昼休み、運営の皆さんの粋なはからいで
ランチタイムは長めに取ってくれました。

ばんちゃくんのラッパが良く聞こえる所で休憩。

ゆのちゃんも上手です。吹奏楽経験アリとか!

お昼はコレと決めていたカレーを購入。
先ほどのサーバルちゃんが売り子さんです!



まずは腹ごしらえ、フランスとか帝国ホテルとか
とにかく有名な「三国シェフ」のカレーが
たったの500円で味わえました。うまい以外に
書くこと無いです。サーバルちゃんが僕の
為に作ってくれたと勝手な脳内変換をする私。

で、ぴっちょりーなさんにご挨拶。さっきも
いただいたのに2ショットいただきました。

胸には特製のパッチ!これ以上ない記念品です!


ベストにサインもいただきます!欲しがります!

ナセルさん。私の専属カメラマン(笑)

「一緒に撮りましょうよ!」とぴっちょさんが
引っ張ってくれてこうなりました。
ぴっちょりーなさんノリが良くて愛想が良くて
会場の雰囲気がずっと明るい感じでした。


ブログでよく見る陸自先生のジープも展示されて
ました。「どうぞ!」と快く許可をもらって
我が物顔でジープとサインをアピール。

どやぁー!


こっちもどやぁー!
いい所にサイン!私も正面にすれば良かった!


ナセルとシェパード犬、、、のヌイグルミ。
よく出来てます。犬猫動物好きのナセル、
珍しくはしゃぐ。

と、ぴっちょりーなさんのコーナーからひときわ
大きなはしゃぎ声!


中尉?!


タフガイ!米陸軍のド根性を見ました。(笑)


長めの昼休みは皆思い思いの過ごし方、色々な
人との交流を生みました。お昼長いのイイな。

(え?まだ続く?)  

Posted by ホロフカ at 00:48Comments(2)参戦記録