タマを潰す!!

2017年08月30日


「え?最後の瞬間がお前と一緒なの?」
―Jアラートを会社で受けて後輩に一言
 ホロフカ―

後輩は無言でこめかみを押さえてました。


今日は小鉢に入ったBB弾をお箸で別の容器に
いかに早く移す作業をレポート・・・

いや、どんなに暇でもそんなマネはしない(笑)
今回の話はBB弾にスポットを当ててみます。

砦さんにお邪魔するに当たり、BB弾の準備を
していた時の写真↓

バイオ、エクセル、なんだか判らない弾、プラ弾。
ボトルには重さもメーカーもマゼマゼになった弾。
まあ、色々ありますわ。主にサバゲ引退者からの
いただきもの。それを長ーい事保管。


砦さんは弾の材質を特に問わないという事で、
普段は使わない「非バイオ」弾を持って行く事に
しましたが。。。

しかし、有り合わせの袋に入れた“何か”の弾は
自分でも何が何だか分からなくなりました。

そこで、或るお方に教わった方法を今こそ試す
時が来たわけです。必要なのはコレ↓

ぺんち。平仮名で書くと間抜け感が半端ない。
軍用とかじゃなく普通ので。写真のコレは
保管がアレで若干錆びてます。

「ふぬぁあぁっ!」

コイツでおもむろにBB弾をはさみ潰します。


写真は茶色いバイオ弾を潰した所です。なんか
簡単にムニュッと潰れます。破片は出ません。


続いて白い謎の弾を潰します。基本固いです、
で、パキ!っと音を立てて勢いよく砕けて
しまいます。破片も出ます。

さて、挟んで砕くと異なる結果となりました。
この現象の差から以下の事が言えるそうです。

・むにゅっとやわらか潰れるのがバイオ弾。
・粉々に砕け散るのがプラ(非バイオ)弾。

バイオ弾はワッフルみたいになってます(笑)

ちなみに、貰ってから数十年経ってた弾は正直
むにゅっと潰れたり、粉々になったり反応が
マチマチだったので全部捨てました。
一応袋にバイオと書いてありましたが…。
得体の知れないものを使うのはマズイです。

教えて貰った方を「或るお方」としたのは
この変な弾のせい。一概にどっちがどうだって
言えなくなった(笑)

確証持って言い切れないのが「軟式風味」です。

最後に「ムニュウ」を擬音でで感じつつ、
漢字で「無乳」と書くと
有るんだか無いんだか判んないなと思いました。






同じカテゴリー(戦闘装備)の記事画像
札幌買い出し紀行
全くタクティカれない。
超展開からの超大物。
悪いのは道具か人か
ガンスリンガー俺
歌って踊れる
同じカテゴリー(戦闘装備)の記事
 札幌買い出し紀行 (2017-07-18 01:15)
 全くタクティカれない。 (2017-06-16 00:12)
 超展開からの超大物。 (2017-02-28 20:05)
 悪いのは道具か人か (2016-10-31 21:34)
 ガンスリンガー俺 (2016-10-26 12:10)
 歌って踊れる (2015-09-08 04:05)

この記事へのコメント
はじめまして。以前行ってたフィールドの大将が「ツブシ」で非バイオ使用の摘発をやってました。しかしバイオ弾でも何年も溶けずにフィールドに転がってるのを見てると、使う意味があるのだろうかと疑問に感じますw

大将は「あぶり」もやってましたね。アルミホイルの上に弾のせて。妙に慣れてたので覚せい剤もやってたかもしれませんwww
Posted by 麻酔麻酔 at 2017年08月30日 19:12
麻酔様>

はじめまして。
コメントありがとうございます。

確かに、フィールドに転がっているバイオ弾、
自然に還って砕けかかってるものは、
見掛けませんね。あと30年くらい待ってみますか(笑)

炙れば”飛ぶ”様になるんでしょうかねw
Posted by ホロフカホロフカ at 2017年08月31日 17:36
こんばんわ

とあるサイトでバイオ弾の分解を5年以上経過観察していますが
表面に細かいひびは入るものの形状の変化は無いようです

早く分解すると形状変化をして精度に影響するし
かといって遅くし過ぎると何年も残るし

20年以上前に販売されていたトウモロコシデンプンのバイオ弾は分解が早かったのですが
その分空気中の水分を吸って30分もしない内にバレルやマガジン内で膨らみ停弾する始末
Posted by DS at 2017年09月02日 21:09
DS様>

こんばんわ、おひさしぶりです。

5年ですか・・・バイオ弾はすぐに自然に
かえる訳ではないんですね。

トウモロコシデンプンのバイオ弾?!
初めて聞きました。しかし、、、
30分でそれじゃぁちょっと使えないですねぇ(笑)
Posted by ホロフカホロフカ at 2017年09月03日 02:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。