愛しく、意図しなく、いとおかし。

2017年04月03日

「え!親戚だったん?!」
―2016年8月 お盆に本家にて某声優さんが
 遠い親戚だと、事も無げに知らされる。―
ちょっと「〇ルメタルパニック」でした。

今回はショットガンのお話。日本語で散弾銃。
どちらも勇ましいイメージがあります。

素材はいつものマルイm870、コイツに色々
付けて、勇ましくカスタムしてみました。
買って来たのは以下の3つ

「フロントスイベル/マルチ」
「エクステンションパイプ」
「ショットガンシェルスリングアタッチメント」

どれもこれも長ったらしい名前なので以下の
文章ではスイベル、パイプ、スリングとか
適当に略して呼称します。

最初にスイベルをつけるべく「ジャコッ」って装填
する所の先端のキャップを外します。

まあ、いきなり手で回せないとかいう展開になり
ましたが、フキンを噛ませてプライヤーで
回したらすんなりイケました。

普段ならプライヤーでダイレクトアタックさせて
傷を付ける位の事をやってのけるんですが、
今回は気が効いた(笑)

この外したキャップ、色々大変な思いをして
加工した、してもらった逸品だったりします(笑)


スイベルを挟みます。・・・なんか色違うくない?
完全に灰色してない?

で、その上からパイプをキャップみたいにフタを
して終了。

…だから!色違うくないかって?!(笑)
バレルの黒と全然違う”灰色”してるじゃん(笑)
本体との色の差って、、、、。マジですか?!

買う時信用するしか無いじゃん、散弾銃抱えて
店内で色比較できないし、しないでしょふつー。
色なんて基本中の基本じゃん。ソコちがうとか…。
え?塗れって事?

気を取り直してシェルスリングに話を変えよう。

たくさんあるスペアシェルをコイツにスマートに
エレガントに納めようと思う。


シェル、色んな色あるのなー。TVゲームとかだと
赤は炎弾、白が冷凍弾とか。緑は敵をカビだらけ
にしちゃうとか。マルイさんお願いします(何を?)

シェルをシェルスリングに差し込み、スリングに
付ける。文章だけだと何言ってるか判らないけど
写真にするとこんな感じ。

シェルスリングの背面はマジックテープで筒状に
なってます。ソレを本体の中国軍スリングに
巻きつけて固定するだけ。一気にタクティカルに
変身できます。
なんかクリスマスみたいなシェルの色合い。

完成!内部を一切いじらず勇ましくなりました。

エクステンションパイプを付けたのにも関わらず、
内部収納数は基本スペックそのままw!パイプ内
収納性能は思い切りオミットされてます(笑)

さらに基本収納の2個を出す為にパイプを外す事に
なりますが、戦闘中それをやるとスイベルのポロリ
紛失確率がグーンとアップ!(笑)


先端、やはりツートンカラーになってます。

勇ましいよね?たくましいよね?満足…かな?


カッコ悪いとか言う奴にはこうやって使うわ(笑)






同じカテゴリー(散弾銃)の記事画像
GAS SHOT アセロラ
ブッ生き返す
終わりの始まり
同じカテゴリー(散弾銃)の記事
 GAS SHOT アセロラ (2016-04-04 21:56)
 ブッ生き返す (2015-08-29 05:40)
 終わりの始まり (2015-07-13 04:53)

Posted by ホロフカ at 01:39│Comments(4)散弾銃
この記事へのコメント
ヤッパリ!ショットガンの、チューブマガジンの延長は、美しいですね!ホロフカさん!また、散弾銃を、抱えて、伝説の前に、突撃して下さい!返り討ちに、します(笑)それから!ミリブロのマタギのHP見ました?待ち望んだ事が、書いて有ります(笑)伝説
Posted by 伝説のH at 2017年04月04日 21:02
伝説のH様>

ショットガンはこうありたいと思って作ったんですが、
なぜかツートンカラーに落ち着きました。

時間が経つにつれ、なんだか見慣れて愛せるように
なりました(笑)突撃は後ろからします。

マタギ、オープン確定ですね。
この一報が出るまでは色々語ってはならんと考えておりました。
Posted by ホロフカホロフカ at 2017年04月04日 22:45
マタギは、楽しみですネ!ホロフカさん!電動ガンの、モーターが、焼き付くぐらい、撃ちたい、伝説です(笑)ホロフカさんの後ろからの突撃か…非常に、マズイ…仕方ない!後ろに、目を付けるか?(笑)戦場で、会おう!伝説
Posted by 伝説のH at 2017年04月05日 21:48
伝説のH様>

それではマタギで逢いましょう。
Posted by ホロフカホロフカ at 2017年04月07日 20:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。