帰って来たマカロフ

2016年12月18日


帰って来たウルトラマンは
いつからジャックなんて名前になったのか?

で、この間の話なんだけど、

KSCさんにマカロフの修理依頼で送ったんですわ。
それの後日談。

送って1週間くらい?かな、返ってきましたよ。

ホロフカの正体を示す個人情報は忍野さんに
隠してもらってます。


例の量産型ゲルググに箱を開けてもらいました。

なにやらお手紙。わけもなくワクワクします。


電話やファックスでのお問い合わせは平成24年に
やめちゃってるみたい。まあ、この手の趣味は
電話で言っただの言わないだのとかありそうだし、
お互い書面が間違いないと思う。

ついでに修理見積もりを頼んでおいた
「Ver2、セカンドLot仕様に中身載せ替え
するとおいくら?」

との質問に、約12000円近くかかるとの回答。

…ちょっと足せば新品で買える金額じゃん。
修理代=エコな展開にならないので止めよう。


補足の説明書もありました。セーフティを
掛けたままトリガーを引くべからず、とある。

コレは間違えちゃう。マカロフは普通と逆動作、
セーフティを下げて発射、水平でロックである。
うっかり間違えちゃうわな。

で、さっそくガスを入れて動作確認。

“グチッ”

鈍い、なにかキレの悪い衝突音がしました。
何事?引き金を引くと、引っ掛りのある感触
引きシロはあるものの無理できない感じ。

“感じ”というのは何丁も銃を壊してきた
私の直感。引けば壊れるとガイアが俺に囁く。

ハンマーもビクとも動かなくなるまま固定(笑)

もうどうする事も出来ない。修理から帰ってきて
一発目で壊れたの?何?もうポルナレフ状態。



マルゼンの神対応を知っているだけにコレは
驚きました。何かの間違いなのかな?
修理途中だったのかな?この対応が
KSCの全力とは思いたくないなぁ。。。
一番多く銃を買ってるメーカーだし。

しかたない、もう一度KSCさんに修理を
お願いしよう。再びプチプチにマカロフを
くるんで寝ました。


――からのー!

前のマカロフ記事にいただいた”どいけん”さん
のコメント!マカロフ持ってるから
「自分直せそう」ですって!

KSC発送中止!
こりゃあ二つ返事でお願いしてしまおう(笑)



うほっ♪たのもしい。

どいけん様、いつでも結構ですので(平身低頭)




同じカテゴリー(自動拳銃)の記事画像
KSC伝統の刻印隠し
ふたたたたびマカロフ
酒と泪と男とマカロフ
女体鷲づかみ
ボタモチ以上の物
聞き耳を立てる
同じカテゴリー(自動拳銃)の記事
 KSC伝統の刻印隠し (2017-10-14 07:16)
 ふたたたたびマカロフ (2017-03-09 23:47)
 酒と泪と男とマカロフ (2016-11-28 01:35)
 女体鷲づかみ (2016-08-25 23:59)
 ボタモチ以上の物 (2016-03-23 01:26)
 聞き耳を立てる (2015-12-03 20:33)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。