引き返したゼロ戦

2016年08月16日

皆さんこんばんわ。テレビではリオ五輪一色ですね。。
まあ、終戦特集より数字がとれますからねー。


この時期だからこそ、ブログの毛色を変えてお話を一つ。
写真はネットから拾った「ゼロ戦」の画像です。ホロフカは
飛行機の種類は詳しくありませんのでご容赦下さい。

では、

これは私のおじいさんのお話。聞いたのはホロフカが中学生
だった時の話。戦争・兵器に今より興味が無かった時期の話(笑)
だからあやふやな所があります。

おじいさんはとっくに亡くなったので、二度とは聞けない話。

うちの爺さんは太平洋戦争中、いわゆる「飛行機乗り」だった
そうで、南方の島で米軍の爆撃機相手に戦っていたそうだ、
南方の島とだけで、詳しくはわからなかった・・・。

乗っていたのは一人で操縦する白い「ゼロ戦」だったそうだ、
親戚のお兄ちゃんが聞いた「色」から21型だったと思われる。

爺さんは米軍の爆撃機を落とす事は出来なかったと言っていた。
出撃して、何も落とさず帰ってくるとひどい言われ様だったそうだ。

「非国民」「無駄飯食らい」「臆病者」なんと言われようが、
こればっかりは仕方が無かったが、それよりひどい時は
竹刀・・・ではなく、木刀・・・のまだ太い奴?!で上官に全身を
殴られたそうだ。

で、色々南方であった事はいつも端折っていたじいさん。
当時はあんまり思い出が無いのか?と思っていたが、
今となっては「言いたくない」が大きかったんだろう。


南方から引き上げ、本土決戦に備え、本州の基地に配属された
爺さん。中学生の俺はどこの基地かを聞きそびれた。

ついに爺さんも「神風特別攻撃隊」に編成されたのだ・・・。

だが、今ココに子孫である私がいる。爺さんがどうして生き延び
たのか、、、、こんな話だった。


特攻隊の訓練は”ほぼ毎日”繰り返されていたそうだ、爺さんは
毎日「死」について考えたそうだ、それは残された家族の事を
考えたり、恐怖におびえるものではなく、上官と語るときは
「お国のために」を口走るが、


戦友だけで語る時は「生まれ変わったら何になりたいか?」の
話題がもっぱらだったそうだ、

「千両役者になって女に囲まれる」とか、「女になってみたい」
「サメになれりゃ、誰にも食われねえ」若者らしい荒唐無稽な
夢を語ったそうだ、だが、最後には誰かが泣くらしい。
泣き喚かず、ただ涙を流すらしい。

特攻だから「死」は逃れられない。だからどんな気持ちで毎日
過ごしていたのだろう。中学生の俺はその状況が純粋に怖かった。

爺さんにもある日、出撃の命令が出た。名前を呼ばれた時、
血が止まり、全身がしびれて倒れそうになったそうだ、
毎日結んでいた靴紐が結べなくなったらしい。
手が震えたのではなく、”忘れて”しまったらしい。

戦友が結んでくれた靴を履き、整列して隊長さんの話を聞いた。

「こうなったら覚悟を決めろ!俺の後にしっかりついて来い!」
怒りなのか、真っ赤な顔してわめき散らしていたそうだ。

いつもは冷静沈着な面倒見の良い人だったが、鬼のような顔を
していたそうだ、実際怖くてまともに見れなかったと話していた。

いよいよ基地からやっぱり白いゼロ戦(21型)に乗ったそうだ。
爆弾は緑のゼロ戦(52型?)が積んでて、白いのには積んでなかった
そうだ、さすがの爺さんも「これでは敵を沈められない」と
情けなくなったそうだ、・・・確かに、何のためだったんだ・・・。

やがて淡々と離陸。何も考えられなかったそうだ。


だが、

5分ほど飛んだ時だったそうだ、爺さんじゃなく同僚の機が
隊長に何回か呼びかけをしているのに気がついた。

「隊長!応答ください!進路がずれております!修正を!」
「隊長!このままでは戻れなくなります!応答ください!」

爺さんも呼びかけるが応答無く、異常な軌道で飛ぶ隊長機、
高度を上げたり、羽根をバタバタ振ったり。全くの異常だった
らしい。


必死に呼びかけ、神風編隊からも離れた爺さんの隊、
隊長は急にぴたりと安定飛行を始めたらしい。

「隊長!!」仲間が怒声混じりに呼びかけると、同時に返事があった。
「ワハハハッ!!お前たち!俺に付いて来い!命令だぁっ!!」

隊長の笑い声交じりの命令、言うが早いか隊長は一気に機体を
ひねり、基地に向かって矢のように一直線に飛んだらしい。


その後を同僚機が追う、「どういうつもりだ!○○!」
とうとう爺さんも隊長の名前を呼び捨てにしたそうだ。

爺さんも訳がわからず隊長機を追う、隊長機を追ったのは爺さん
含め4機、中には隊長機を撃つと言い出した奴までいたそうだ。

必死で追う4機、隊長機は何も言わず基地に向かって
飛び続け、やがて滑走路が見えて来た。


爺さんは、この時なにか景色に色が付いた様な気がしたそうだ。
わめいて追いかけた同僚たちもこの時点でわめくのを止める。

爺さんは自分も隊長も「きっとひどい罰を受ける」と覚悟したらしい。

隊長のゼロ戦が乱暴に着陸する。
帰ってくる機体がいるなんて想定して無いから滑走路は大混乱。

そんな中、隊長は飛行機のエンジンを切り、出撃前の様に直立して
いたのが見えた。表情は深くかぶった飛行帽で見えなかったらしい。

爺さんたちの4機もバラバラに止めて隊長に駆け寄ろうとしたが、
整備兵に引き倒され、問答無用で上官に引き渡され、
それから例の棒で4人は動けなくなるまで殴り続けられたそうだ。

その日、爺さんは営倉?留置所みたいな所に入れられた。
滅多打ちで体は動かないが口は動いた、
4人の同僚と隊長の行動を話し合った、逃げたのか?
逃がしてくれた?気がふれた?


結局わからず仕舞いで、朝を向かえ、次の日聞いたのは
陛下の「玉音放送」だったそうだ。


その隊長は、それを最後に姿を見ていない、終戦後、4人で調べたが、
生きてるとも死んでるとも判らなかったそうだ・・・。

この話にはオチはない。

でもこの実話のおかげさまで、終戦の翌年父が生まれ、やがて
私が生まれ、、、ココにブログを書けている・・・。


運命とは、実になんと言うか。。。
私ごときが「何」と言えるのだろう・・・。




同じカテゴリー(雑談・その他)の記事画像
前前前世も違う
やわらか軟式一周年。
実弾射撃inハワイ
今年も残す所、、。一片の悔い無し
厚田から十余年
あの日聞いた艦の名前を僕達はまだ知らない
同じカテゴリー(雑談・その他)の記事
 前前前世も違う (2016-10-09 04:26)
 やわらか軟式一周年。 (2016-04-19 01:20)
 実弾射撃inハワイ (2016-02-17 23:38)
 今年も残す所、、。一片の悔い無し (2015-12-26 01:13)
 厚田から十余年 (2015-11-10 03:51)
 あの日聞いた艦の名前を僕達はまだ知らない (2015-08-19 11:06)

この記事へのコメント
今を生きてる我々が在るのも先祖が居てくれたから。
そう言うキビシイ時代を超えてきてくれた人達に感謝を。。。

こんなにもヌケヌケと「戦争ごっこ」出来てるのは平和だからだよね。
故に我々には平和を守っていく義務もあるかと思う。


どちらの軍(赤or黄)に所属しても終われば笑顔で。
皆楽しく!

いいじゃ無いか「平和ボケ」で。
そう言う時代なのさ♪
Posted by gsxgsx at 2016年08月16日 06:30
読むも、涙!イイ話ですね!ホロフカさん!零戦は、二機見ましたが、美しい機体ですが、特攻隊は、もったいないです!伝説
Posted by 伝説のH at 2016年08月16日 20:40
gsx様>

そうですねー、爺さんのお陰としか言いようが無いです。
ほとんど喋らなかった爺さんが、一気に語った戦争体験なので
今でも良く覚えています。

サバゲーとは「平和ボケ」そのものと考えます。戦争してる国では
こんなマネ出来ませんからね。(笑)

いい時代にしてくれた祖先の方々に感謝です。
Posted by ホロフカホロフカ at 2016年08月16日 23:45
伝説のH様>

ゼロ戦は美しい機体、同感です。そして一時は世界最強とまで
言われた機体。

栄光あるそれを「特攻」に使うまでに追い詰められた当時の状況に、
その”状況”こそに恐怖を覚えます。
Posted by ホロフカホロフカ at 2016年08月16日 23:50
同士ホロフカさん!日本人が、追い詰められたとき、特攻隊!それは、最後の切り札ですね!特攻専門兵器、回転(人間魚雷)を、見ましたが、溶接が、点溶接 と、使い捨てを前提 です!平和の時代に生まれて良かったね!伝説のH
Posted by 伝説のH at 2016年08月17日 20:45
伝説のH様>

回天。これもまた酷い兵器で、酷い戦い方ですよね。

今のこの時代に感謝です。
Posted by ホロフカホロフカ at 2016年08月17日 23:06
ねえ!知ってる?(ガルパン、ダージリンさんの声で読んで)ホロフカさん!近年、まだ、零戦は、まだ!作り続けられていますが、近年のは、戦闘用ではなく、鑑賞用です(笑)!お元気かも…知れない同士!ホロフカさん!お元気ですか(笑)? 台風で、職場で、可なりの損害で、復帰作業で、大忙しい伝説です!零戦のお話から脱線しましたが、折角、脱線したので、そのまま、暴走します!いま少しお付き合いを、お願いします!さて、回転ですが、小さい潜水艦に、見えますが、別名『人間魚雷』とも、呼ばれいますが、実は、魚雷を、改造して、人間用の運転席を付けたのが、回転ですのて、人間魚雷は、正解です!爆薬は、1トン(特攻専門兵器の基本爆薬量)、 魚雷を、改造しているので、後退(バック)は、出来ません! 海底に、突き刺さったりしたら、それは×2、大変な、事態に…(泣)! 回転のエンジンは、酸素魚雷のエンジンを、使って居ますので、純酸素を、使っています!純酸素は、少しの火花で、大爆発と、凄く、危険です(涙)!実際装備された、潜望鏡を、除きましたが、潜望鏡のレンズが、悪いので、良く見えません!こんな物で、戦艦を良く探せたなと、思いました!あと、ジャイロ(今でも、ラジコン、ロボットに、使われている)、言う装置です!本当に、恐ろしい兵器です!平和で、良かった!零戦隊長殿に、敬礼!次回予告『代用ガソリン』! 良ければ!伝説
Posted by 伝説のH at 2016年08月18日 20:40
伝説のH様>

回天。本当に酷い兵器ですね。
Posted by ホロフカホロフカ at 2016年08月19日 01:59
同士ホロフカさんのコメントが、疲れて居るようで、手早く!日本で、石油は、採れますが、微々たるものです!仕方が無いので、無いものは、作れ!出来た、ガソリンですが、正確には、液化石炭です!オクタン価は、60~70(それ以下かも)とも言われています!図鑑などの出力や、速度は、終戦後、米軍が、品質の良い ガソリンを、入れ、計測した物です。 お祖父さんや、零戦隊長たちは、品質悪い物で、戦って居ました(泣、泣)!平和で、良かった!敬礼!伝説(だいぶ話を、削りました)
Posted by 伝説のH at 2016年08月19日 21:10
伝説のH様>

疲れて・・・ますかね?
何で疲れているんでしょうかね?伝説様?

回天の話、ガソリンの話、折角なのでご自分のブログで
披露されてはいかがですか?
Posted by ホロフカホロフカ at 2016年08月20日 00:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。