パッチボードD・I・Y!

2015年09月02日



”簡単に可愛いインテリアを作ってみたい!そんなあなたの希望にこたえるために、特別な道具が
無くても作れちゃうアイテムを集めました。これをきっかけにDIYデビューしちゃいましょう!”

…日曜大工なめんな、ドリルが出てきて始めてDIYだってーの、DIYのDはドリルのDな。

はい、ホロフカです。女子DIYにタンカ切っておきながら、ドリルは登場しません。

今回は部屋中にとっ散らかった「パッチ」を機能的かつオシャレに保存する為の「パッチボード」
作ってみました。構想10分、作成30分。

まずは材料、全部近所の100均で「ダイ」たい「ソ」ろいました。

≪材料≫
・コルクボード  ・・・ あなたが必要な大きさ
・階段用滑り止め ・・・ コルクボード埋める分だけ、絨毯とかでもいいと思う。
≪必要な物≫
・はさみ   ・・・ 切ります
・両面テープ ・・・ 貼ります(強力な”床用”がおすすめ)


まずは、コルクボードに滑り止めを乗せてみます。大体コレくらいかな?と目見当を付けてください。
目見当が苦手な方は定規で「寸法を図ってキリシロの目印」を付けましょう。


次にハサミ。私の買った滑り止めマットは繊維目があったんでソコを目掛けて切り落とします。
ソコを目掛けて切るのが苦手な人は「線を引いて」真っ直ぐに切りましょう。


ホロフカ流に切った人は曲がったり、余分になったり、最悪短くなって隙間が出来ますが、ソコは
テクと根性でカヴァー。甘えるな!勝ち取れ!(←イヤなら線を引いて正しく切れの意味)


滑り止めを切ったら、裏面のビニールを剥がします。ココには滑り止めのゴムが付いていますが、
たぶん滑りとまらない(笑)下手な使い方するとコレが原因で転落事故も…。


今回は使用目的が違うのでゴムはガン無視、両面テープを貼り付けます。仕上がりが不細工なのは
大体このくらい?で切ってしまう性格の問題。でも、パッチをくっつけるベースになるので
強力に越した事はありません。ここはマジ。


で、両面テープの紙を剥がし、コルクボードにお好み焼きをひっくり返す踏ん切りの良さで
貼り付けてください。


で、完成。パッチがひとまとめに、なんとなくオシャレにまとまった感が出ませんか?

貼り方のセンス、パッチのセンスは、評価はお任せします(笑)
…ところで赤多いな。貼るものチーム分けの時は注意しよう。。。

どうですか?構想10分にしてはいいものが出来たと思います。写真でもそこかしこに「隙間」が
ありますが、自己満足できているのでこれにてヨシとします。

家にパッチが転がってるアナタ、こういうの作ってみてはいかがでしょうか?






同じカテゴリー(パッチ)の記事画像
素敵パッチ&素敵フラッグ
完全なる不完全燃焼
困ったからパッチ
困ったらパッチ
中将から賜る
ジェット・リー単推し
同じカテゴリー(パッチ)の記事
 素敵パッチ&素敵フラッグ (2017-03-13 21:11)
 完全なる不完全燃焼 (2017-02-15 16:25)
 困ったからパッチ (2016-10-03 00:10)
 困ったらパッチ (2016-09-27 01:48)
 中将から賜る (2016-02-05 10:54)
 ジェット・リー単推し (2015-11-13 05:18)

Posted by ホロフカ at 14:07│Comments(4)パッチ
この記事へのコメント
はじめまして!
この自分もパッチを貼っておくスペースについては試行錯誤しているのですが、このやり方は凄く良いですね!
この階段マット?ですかね、これにパッチが貼れることは全く気がつきませんでした・・・
Posted by くずきくずき at 2015年09月02日 14:12
くずき様

はじめまして!数年ぶりに人に褒められました(笑)

階段マットです、あっさりくっつきました。普通のジョリジョリ用の布を買うと高く付きますので考えてみました。

安価ですのでぜひお試し下さい!
Posted by ホロフカホロフカ at 2015年09月02日 14:24
>>ホロフカさま

ご返答ありがとうございます。
今度自分でも試してみたいと思いますので、そのときには自分も記事にしたいと思っています。
その際に、こちらの記事をアイデア元としてリンクを貼って紹介してもよろしいですか?
Posted by くずきくずき at 2015年09月06日 23:02
くずき様

コメントありがとうございます。リンクを貼るの大歓迎です。

私のは非常に雑な説明ですが、コレでよければどうぞ(笑)

くずき様がさらにイイモノに仕上げて下さい。
Posted by ホロフカホロフカ at 2015年09月07日 08:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。