和歌山 ~チャリで来た!~

2018年07月14日


長期の和歌山出張で唯一の日曜休みの話。
和歌山市街まで行ってみました。


宿泊している所は北部の「大変に静かな」
場所で。。都会とは無縁の容赦ない自然。。。


向かう道すがら玉虫発見。この色好きですね。
何色であって何色でもない。そんな生き方。


電車で紀ノ川を渡河、市街に向かいます。

乗り換えでまた「めでたい電車」に再会。
出発まで時間があったので車内を一枚。

シートからつり革まで「鯛」のこだわり。良い。

南海電鉄「和歌山市駅」からJR「和歌山」を
目指します。コレ北海道に無い感じ。
「帯広駅」と「帯広市」駅みたいな違和感w


駅の地下、わかちか観光案内所へ行き。
電動アシスト自転車をレンタルしました!

車は道幅狭すぎで無理。バイクは地元の方の
スパルタンな走りを見て断念、で、その中間。

簡単な運転方法を習って一路「和歌山城」へ、


この自転車。なかなか良い、しんどい坂に
なったらべダルを踏む手助けをしてくれる。
「赤兎馬」と命名。呂布も好きだし丁度いい。

でも、赤信号待ちで足掛けてたら足の重みで
危険なアシストされてかなりあせる一幕も。


あ、お堀が見えた。。。


大手門到着。文字通り「チャリで来た!」
車は入れないが、場内チャリは可。


中に入って改めて城壁のデカさを思い知る。
清掃員さんと比べても一目瞭然。

地元の方と立ち話した所、デカい石を運ぶ為、
北海道から昆布を持って来てヌルヌルで滑らせて
運んだそうな。ダシの文化もソコからだって。


さて、お城に来たからには目指すは天守閣、
この嫌な予感の石階段を登らなければならない…。
赤兎馬はココで鍵かけて繋いで置く。


ホロフカはナセルと違い、お城に詳しくも
歴史に興味がある訳でもない。

だが、せっかく和歌山に来たんだし、
その土地にしかない場所に行き、人生の
「実績解除」をしたいと思うのも。。。


いや、こんな話書いてる間に着けよ(笑)
どんだけデカい!和歌山城!


ここに通勤してたお侍さんはどうにか
楽に行く方法を考えないのかよ。。。

あ、それだと楽に城攻められるか。


とうちゃくー!いぇい!アルバイト感が
否めない忍者君から刀を借りて記念撮影!

天守閣に向かいます。カナダ人のシャッター
押してやったらお返しで押してくれた一枚。

広げた扇がファンタスティックだったのか
カナダ人、自分のスマホでホロフカを撮る。
・・・海外SNSデビューの予感(笑)

お城内部、たくさんの甲冑や刀が展示して
ありました。内部は歴史館になってました。


アーマーガチ勢の歴史は古い。←サバゲ脳)
青と金の和歌山でスタンダードな鎧兜。



やっぱカッコいいな。

天守閣から見下ろした城下の景色。

ええなぁ。何枚も撮ったけどコレかな。
実際に立った感激は写真に残せない。

ふと城壁に目をやる。。。。んなっ!

なんちゅう事すんじゃ池辺!

天守閣を堪能したホロフカ、下城して
赤兎馬の元へ、一応、無事居ました。


この日の気温は32℃のカンカン照り、
北海道では雨でゲーム中止とツイッター情報。
気温、半々でシェア出来ないものか。
…地震、この頃「当たり前」になってきてる。

さて、正午なのでもう一つの目的、
「みかんラーメン」を食べに“あぶらぼうず”
さんという店に行きました。が、

が、…日曜は休みでした。

「ググりもせずに名物を食おうとは不届き千万!」

近くの暴れん坊“吉宗”将軍に怒られました。
ヨシムネさん、和歌山県民だったんだ!

いやな予感がしたので、次に行こうとしていた
ミリタリーショップHPを急ぎググる。


…日曜定休。。。マジかよ!(笑)

― 閑話休題 ―

色々残念なホロフカ。その後ミリブロを更新
できないかと漫画喫茶をググって探すも
現地到着で閉店を知る、「和歌山半端ねぇ…。」

駅に引き返し赤兎馬ともお別れ。漫画喫茶で
相当な無駄足させたがアシストで筋肉痛はゼロ。
ありがとう赤兎馬、

リサーチ不足と無駄足で時間を浪費したが、
その分お金が浮いた。よし!昼は豪勢に行こう。

駅前にいい匂いをさせる店、みんな大好き
「やみつきステーキ」さん。

注文したら「いきなり」出してくれます。
・・・これ、ギリギリセーフネタかな(笑)


成吉思汗鍋にのってもやしもふんだんに
使われて道民にもなじめるテイストでした!
最後に旨くてすべて良しかな!



吉宗「待て、ホロ左衛門、紀州の観光話で
   ミリブロ扱いになると思うてか?」

ホロ「う、上様!かような所にも?!」





ホロ「和歌山城で見かけた火縄銃です。
   これにてご勘弁をば・・・。」

吉宗「内容薄い、成敗!」

ホロ「アッー!!」

           ― 終劇 ―
  


Posted by ホロフカ at 06:33Comments(2)生活装備近畿・関西

和歌山 ~初の西側諸国~

2018年07月09日

ピンクなのでピーちゃん。

嘘、名前は「さち」す

6月の末くらい、和歌山県へ出張がありました。
関西方面に行くのはプライベートでも初めて。

今回は帯広空港から出るのにひどく苦労しました。

原因はコイツ。ツールカードだったっけ?コレが
財布に一枚入ってました。

財布をポケットから抜き忘れて金属検知器で御用。

今度はⅩ線で財布から例のカード発見して御用。

すっかり忘れてたホロフカが「判らない」と
返事してとうとう財布を細かくチェックされる・・・。

東方の変なカードとか、エヴァ会員証とか公開
まるだし調査。・・・死にたい。


例のカードは個装され「手荷物で預けてください」
となりました。搭乗手続きからやりなおしの刑。
まあ、時間には幸い余裕ありましたが・・・。

ひと悶着後に帯広から羽田へ。


・・・梅雨でした。

到着と同時に経験のないムシムシとした感じ。
熱いのだが張り付くような空気のしつこさ。

羽田ではソバとスムージを昼食とし、一路
関西国際空港へ。

初の関西上陸、ここもまた蒸し暑いし!


飛行機を降りると手荷物受け取りに、
斜めのコンベアが斬新だったので1枚撮る。


ガチャガチャは外国人をターゲットに
グローバルに猛烈アピール(笑)


いつもの旅のお供「でかい軍用リュック」の他
今回は巨大な「ガラガラ」も購入。キャンプ
用品で信頼のコールマン製、限定色のブルー。

このくだり、今回のミリタリーな部分です(笑)


南海鉄道で一路、和歌山県を目指します。
「ラピートルジャー」改札口ですごい主張です。
いくつになっても正義の味方ノリは好き。


「南海ラピート」はデザイナーの業も
さる事ながら製造にGOサイン出した人も
業が深い!まさに電車で業!ラップ調。

それは、ラピートが発車する時に起こりました。

お孫さんを見送ってたお爺さんA、駅員さんの
発車の合図が聞こえていない様子。ラピートの
車窓から離れません。

発車します!危ないから離れて下さい!大声で
駅員さん注意しますが、やはり聞こえていない。

「おのれの事や!アホンダラ!しっかりせぇ!」

その時、通りすがりのお爺さんBが駅員さんの
メガホンよりデカい声で怒鳴りました。

・・・まずくないか?その言い方は・・・。


ホロフカ、喧嘩にならないか心配してると、
怒鳴られたお爺さんAがお爺さんBに返します。

A「おう!わしの事アホ言うたのはおのれか!」

B「おう、そうじゃ!おのれの事が好きじゃから
  言うたんじゃ!」

A「おう、ほんならええわい。」

B「ほんならな!」お互い手を振りあってお別れ。

えええええ!なに?この出来上がったやり取り!
こういうのすぐに出るの?で、周りを良く見たら
心配してるの俺くらい!なんなんだ関西(笑)


こういうノリに付いて行けないと駄目なのか?
色々心配しながら和歌山駅に到着。

その名も「めでたいでんしゃ」に遭遇。
さっきのアレとか吹き飛ぶめでたさに感謝。





お次はバスで、、、と行きたかったがそんなに
うまくは行かない。目的地のバスは45分に
1便しかない様子。


近くのセブンイレブンでコレを買う。
北海道では学生の頃にそこかしこで
売ってたが今は見ないな、、、懐かしい。

ふと見上げた看板。戦国「鉄砲」大将とな!

これはミリブロ栄え、でも戦国乙女にいないから
雑賀孫市って判らない(笑)誰ですのん?

待ちきれなくて結局タクシー移動(笑)

車窓からの一枚(笑)空に2本の雲…。
大阪北部で大きな地震があったばかりの時期。
・・・もしや地震雲。。

運転手「ありゃぁジエットだわ、お客さん。」
関西空港か、、、神経過敏になってる様だ。

消える飛行機雲ー、追いかけて追いかけてー。


ようやくついた長期滞在の宿、似た名前の宿が
あってそっちに連れて行かれた話は割愛。
ほぼ一日掛かりの移動で到着。。。

「いらっしゃいませ、ご予約の・・・?」
「ホロ↑フカ↓ですぅ。」

どうも関西弁は耳から感染するらしい(笑)  


Posted by ホロフカ at 11:34Comments(0)生活装備近畿・関西