ZUMBA体験

2017年10月20日

「じゃあ、金属バットで良くね?」
―ドライブレコーダーを積む予算が無い
 ので代替品を提案 ホロフカ―



始めは中尉からの一本の連絡でした。内容を
要約するとこんな感じ。

「十勝プラザの5階でフィットネスのイベント
があるので参加しませんか?運動靴持って。」

運動靴…。往来運動というモノが苦手な私。
丁度サバゲーの日とも重なってて、、。

でも、ジャージに着替えて行きました。
好奇心はまだまだ死んでないようです。

・・・ハルヒとフォーチュンクッキーしか
出来ないけど大丈夫だろうか。

会場に到着すると、老若男女問わず集まって
ました。皆さん明るくド派手なウェアです。
中尉はというとすぐにわかりました。

「・・・どうしてそうなる。」私のツッコミに
「だって好きだもん!こういうの好きだもん!」

全くブレない中尉の鋼のメンタルを見ました。
斜め方向で会場一派手でした(笑)


とりあえず記念撮影。私は社内行事の運動会
以来のヤンキージャージ。酷いな。


中尉はこの日カメラマンに徹してました。
参加者のお子さんを撮ってます。うむ、
ギリギリだ、ギリギリセーフだ中尉(笑)

そうこうしてるうち、シャキッと締まった
先生登場。私をはじめ初心者もいるので
「1、2、3、」見たいな練習スタートかと
思いきや、「ミュージックスタート!!」

まじか(笑)先生の動きに合わせ、サンバや
ヒップホップなど色んな音楽がまぜこぜの
メドレーで流れてきます。動きも様々。
鏡に映る自分の必死の形相、放送禁止です。
両足に乳酸が集まってるの自覚出来ます。

どうにか終了。いきなり、ノンストップで、
45分間。やっとで付いていきました。
顔隠してますが、皆さんイイ笑顔ですね!
・・・イヤ、なんで?(笑)


水分補給に向かった自販機のラインナップが
あまりに健康意識が高く激昂、1Fまで
コーラ買いにいきました。げふー。使った
カロリーを補給しました。

続いては少し大きなホールに移動していよいよ
「ZUMBA」を体験です!色んな音楽に合わせて
体を動かす新しいフィットネスだとか。

写真は中尉から拝借しました。皆さんとても
いい笑顔、隠すのもったいないです。

ここもミュージックスタート!から、いきなり
開始(笑)おおう!何か知らんがやってやるぜ。



開始5分は動きを保てましたが、それ以降は
盆踊りとマイムマイム寸前の動きになりました。

さすがにへばって壁にもたれて座っていると
中尉が目に入ります。

ヘルメットにプレキャリ装備でキレキレで
踊ってます。あ、なんか腹立ってきた(笑)


それにしてもみんな、心が広いというか、
ねえ、中尉はおかしなカッコしてるよね?

この会場でこのカッコは変だよね?

誰も突っ込まない(笑)

コーラの様に爽やかで、スプライトの様に
澄み切って、ファンタの様に甘い。


そうか、これが久しく忘れていたスポーツの
すがすがしさ、健全な心ってヤツだ。。
大きな石をよけたらその下でモゾモゾやってる
アイツと変わらない僕にはまぶしい世界でした。


事務所NGの放送禁止顔で締め。
疲れたけどいい体験になりました、中尉殿!

※翌日の地獄の筋肉痛話は割愛します。  


Posted by ホロフカ at 11:50Comments(4)お店訪問記録

KSC伝統の刻印隠し

2017年10月14日

 「スクールデイズを引き起こす気か!」
― 社内で3股中の従業員が発覚して
ホロフカ ―

皆さんはKSCというエアガンメーカーを
ご存じですか?


私はこのメーカーが好きでTOP画よろしく何丁か
持っています。メーカーのこだわりでしょうか、
成型時に発生するであろうパーティングライン、
いわゆる“合わせ目”を可能な限り消し、玩具臭さも
一緒に消してくれるメーカーです。

最近はトカレフ始め東側の銃に力を入れてるので
ますますごひいきになるばかり(笑)

さて、KSCを語る上で外せない特徴の一つに
「メーカー刻印をあまり目立たない所に付ける」
というものがあります。今回はソコらへんの話。

では、KSCさんの刻印は何処にどんな感じで
打たれているのか?
黄色いジャージの人と探ってみましょう。


まずはLV.1「Vz61スコーピオン」
KSC刻印探し検定、初級編です。

こやつの外観をよーく探すと、ありました。



本体下部、マガジンをさしこむ所に小さく、そして
さりげなくKSCです。


続いてLV.2「Cz75 2nd」
本体表面、ぐるぐる見渡しても刻印がありません。



答えはココ、やっぱりマガジン近くなのですが、
内部のココになります。
部位名判らないのでココです。


LV.3「マカロフMP」
この流れでいけばマガジン近辺探しますが、
・・・無いです。



答えはスライド引っ張っての排莢口の内側でした。
ホントさりげないというか、、。
はっ!まさか隠し切る気なのか(笑)



LV.20「M911インベル」&「TT-33」
いきなり隠しレベルがエクストリームになります。

本体をグルグル見ますが無し、マガジン近辺、
排莢口にも刻印は見当たりません。
それこそ猿の様に何回も確認。

ぐり子さんを下から横から見てる有様は間違いなく
変態です。公共の場所なら職務質問レベルの事案。
明日から「さん付け」で呼ばれます。

それでも諦めず探します。で、2分も探して
見つける事が出来なかったのでPCを叩きます。

努力?根性?必要?僕は嫌いだなー(笑)
・・載ってない。そんなニッチ情報乗ってないw

あ!急に天啓。給油した時に見たわ(笑)



正解ココ、スライドストップのピン、分解する時に
引っこ抜いたピンの裏、裏側に完全に隠れる様に
ありました!マジかKSC(笑)

トカレフも同じ位置で発見しました。


すごい根性と努力、いや、アイディアも工夫も
執念を超えた怨念の様なパない物を感じます。

皆さんのKSCガンでも探してみてはいかが?

  


Posted by ホロフカ at 07:16Comments(2)自動拳銃

カラシニコフ・ビヨンド

2017年10月05日


「失敗を恐れてはならない、駄目なら
 人に頼るか押し付けよ。」
― 世界100の金言 ホロフカ ―

懐かしい写真出てきたなぁ、、。

そうなー。何もかもAK47Sから始まって
今に至るんだよなー。てな訳で、


今回は私の持つAKがどんな感じで
進化・退化・合成されたかを備忘録的に
書いていきます。

いきなり暴言スタートです(笑)

その後の47S。

これは若い・・・。方向性がブレブレで完全に
着地点を見失ってる時代だな(笑)

その後、かなり謎で複雑なルートから
この「ニセグノフ」が手に入ったんだった。

スコープ、自分の目に合わせて極端な位置に
付けてあるなぁ。始めた頃はコイツで遊んだ。

写真はその昔の函館遠征時。傭兵装備。
自分史上最多のHIT数を稼いだ愛銃ですな。


おぉ、こいつは、、、βスペツナズの
木グリに挑戦したヤツだ。

ハンドガードは普通のAK用をノコギリで
ブッた斬ってボンドでくっつけたっけ。
若いなー。無茶するなホロフカ君(笑)

で、当然すぐハンドガードが壊れて、飽きて
こういうタクティカル路線に走ったっけ。

ふんだんに金属を使ったフロント回り。
異常なフロントヘビー(笑)フォアグリップ
だけで握るとストックが自分のアゴに
アッパーカット入れてくる程の前重心(笑)


さすがにどうかと思って分解、もらい物の
普通のAKの頭を移植、木グリを付けて
今に落ち着いたんだ。

ああ、βハイサイクルも買ったんだ。

ディアブロっていうメーカーのキット、
頭をM4に出来るステキパーツも
いっしょに買って作ったのがコレ↓

名付けて「AKM4」まあ、ソレだけって言う
出オチ芸人みたいなキメラ銃だったな。

外側いじったのにバレル延長をしてなくて
銃身内でBB弾が当たってマトモに飛ばない
有様でした、よせばいいのにワテクシが
バレル交換手術を執刀、テンプレ失敗して
バラバラから組み立てられず放置(笑)
最初から最後まで不幸な銃だった。


相方のナセルが「ニセグノフ」にこの
βハイサイクルの機関部をポンと移植して
生まれたのがコレ。

謎の架空機関銃「ヴァルーメ」です。
スコープマウントを外してドラムMGと
ラッパハイダーを付けて完成しました。

・・・とさ、めでたしめでたし。

最終的に今は「ヴァルーメ」と「木グリ47」の
2丁になってます。

うん、色々やって判った事がある。
自分でカスタムしちゃ駄目だって判った(笑)  


Posted by ホロフカ at 13:01Comments(0)突撃銃