柏木の事

2017年09月21日

今回は小話。


むかーしむかーしでもないある日の事、
ホロフカとナセルが札幌に行きました。

札幌の白石区にキッズドラゴンという室内で
エアガンが撃てるステキ店があり、そこの
シューティングレンジでの試射をしてきました。

まあ、今回はあくまで試射、G5とAKライフル
を心ゆくまで撃ちましたとさ、めでたしめでたし。

ミリタリー終わりー(笑)

その夜、晩飯を食べようと街まで繰り出す。
今回はこじんまりと焼肉を食べた。。その時の話。
ココでタイトルの「柏木」が出てくる。

後ろには別の先客がいて、若い女性、若い男、
おっさんの3人だった。3人の話が黙々と食べる
我々の耳に大音量で入ってくる。


女「柏木君、なんか7万円の棚を買ったん
  だって、電気とかついて光るヤツ。それに
  アニメフィギュアとか乗せてるんだって!
  7万とか考えられない!」

おっさん「変わってるからねー、彼も。」

男「〇〇ちゃん、オタクの人の趣味に
  ちょっかい出しちゃダメだよ。
  あのテの人たちって”本気”だから。」

ココでナセルとアイコンタクト。

ナセルもミノを焼いてる素振りで
聞いていた。長い付き合い、この辺は
阿吽の呼吸、サバゲーマー(笑)

俺たちは期待した、萌え、オタクが市民権を
得つつある昨今の状況から、
この男が「柏木」のロマンを、男視線で
代弁してくれるだろうと・・。


男「俺さー、柏木の家に飲みに行った事
  あってさー、エヴァンゲリオンの
  アヤナミレイのフィギュアとか
  飾って置いてあるのさ、それに向かって、
  ビールの空き缶投げたら本気で怒るのさ!
  やめてください!△△さんでも怒り
  ますよ!とか、もー真剣www」

女「えーwなにそれー。マジでー?!」

男「だから、だ・か・らぁオタクの人の
  趣味に手だしちゃ駄目って事っ!」  


俺はコーラを一気に飲み干す、
ナセルはサガリを一気に裏返す。

何という、、、なんという胸糞連中。
柏木が怒るのが判らないのか?!
アヤナミレイ?それ、レア物なら二度と
手に入らない代物だぞ?

どうやって弁償する?多分できねーぞ。
オタクな私ならそこまで考えてしまい
おいそれと触れない。いや、触らない。

・・・空き缶を投げただと?外道め!ゆるせん!


思わず七輪の上のホルモンを網ごと捨て、
トングで炭を挟んで男の背中に放り込む。
叫び転がる男!
「綾波はもっと痛かったはずだ!」

「な、なんだ!」と騒いだおっさんの
口にも炭、女には七輪を丸ごとぶつけて――

…と、やりたくなったが、駄目だろ(笑)

形はどうあれ人が大事にしているものを
「価値観が違う」それだけの理由で否定、
果ては破壊しようって…ISかよ。お前ら。

会社勤めが出来る歳の大人がどうしてそんな
了見の狭い真似ができるのかと聞きたい。


お前の車がホロフカの趣味に合わない、
そんな理由でAKワンマグぶち込んだら?
「ホロフカさんでも怒りますよ!」
で済ませる?

その後、後ろのテーブルから「年収わ―。」
とか「出世できる人と―。」みたいな、
騒々しくなったので店を変える事にした。

こうなるとヤクザやヤンキーと同席の方が
まだマシである。

2件目のファミレスにてパフェで乾杯。

「柏木に。」「ああ、柏木に。」
同情しながら男二人でパフェを食う。
親の仇か柏木の仇か爆食する。
こんな事しかしてやれない。

オタクなので。

オタクや萌えはまだまだ市民権を得て
いなかったんだと再認識した、
そんな夜でした。

市民権?いらないからほっといて
ほしい。  


Posted by ホロフカ at 13:35Comments(0)雑談・その他

オカンと僕と常にオトン

2017年09月13日

 「ミサイルより眞子様の報道が見たいわ」
―皇族好きの母、チャンネル回しながら―

サバゲーマーにとって中々に必要とされる
スキルとは何か?銃の扱い?仲間との連携?


私の場合は「裁縫」のスキルだと思うんです。
BDUがほつれたり、ちょっと直したり。
あって困らないどころかあるべきスキル。


以前、親戚で裁縫が出来る”淡島お姉さま”
にチョコチップBDUの肩にパッチを付ける
モサモサの方を縫い付けて頂いたのだが、

腕は確かで気さくなヤツなのだが、肉食系
なので高く付いた(笑)↓


会う時間が取れないので、今回は実家の母に
裁縫をお願いする事にした。

今回のお題はイラク装備で使ってるBDU、
ウッドランドの肩にモサモサを付けてもらう。

母「あんた、まだ戦争ゴッコやってるの?」
ホ「やってる。結構飽きないもんでね。」
母「この●と■をくっつければいいのかい?」
布に線を付けるチャコマーカーで位置決め。


ホ「ところで俺、雑誌に顔が乗ったんだよ」
母「何やってるのー。勝毎新聞じゃないべね」
ホ「これ、この雑誌。」


父「なんだ?グリーンベレーかコレ?」
ホ「サバゲの雑誌、コレに乗った。」
母「わー、止めてよ、恥ずかしい子だよ。」

ホ「何がどう、恥ずかしいんだよ、勝毎じゃ
  ないから皆に見られる事はないだろ。」
父「ドコにのった?」

ホ「ここ、78ページに載ってるわ。」
母「サバイバーする人こんなにいるの?」
父「この白髪の子は歳幾つなんだ?」


ホ「見づらいけど、ほら、ココ」
母「そこのメガネとって、メガネ。」
父「ウサギの子も鉄砲で戦うのか?!」

ホ「このちいさーい、コレ、このヘルメット」

母「なにコレ?アンタなの?判らんしょ。」
父「・・・シャツの男もコレで戦うのか?」

ホ「俺、俺、間違いなく俺だよ俺!実の子
  ワカンネーのかよ!親父は学生の
  時から俺を見ようともしてないしww」

母「まあ、これなら恥ずかしくないわー。」
父「北海道の女子は全部で5人なのか?」


そんなこんなで母の準備が整う。嫁入り道具
だという足踏み式のミシン、凄い年代物だが
今だに現役稼動、小野田さんの38式並の
メンテナンスがうかがえる。


手に職を持つ母、●も■も難なく縫い上げ、
最後に淡島も使ったクルクル糸をまとめる
技も披露。金の卵、ひよっこ世代である。


母「こんなもんかい?●と■左右バラバラで
  いいのかい?」
ホ「イラク軍の格好だから適当でいい、
  むしろ適当な方がソレらしいんだよね。」
父「ん?森林迷彩なんか砂漠で着ないだろ。」

なのでスマホをつついて画面を出す。

ホ「ほら、イラクの偉い人。ウッドランド
  着てるでしょ、一般兵も着てるヤツいる」

母「あら、いい男だ。」
父「内務大臣、アル・アジード・イブラヒムだ」

ホ「・・・あんたら、何なんだ。」

ちなみにいくら調べても出てこない
”アル”は親父が即興で作ったイラク人だと
後日平気でのたまいました。

また父さんが嫌いになりそうです(笑)
  

Posted by ホロフカ at 14:18Comments(4)イラク装備

第五旅団創設13周年!

2017年09月07日

 
帯広駐屯地創設66周年で第五旅団創設13周年で
帯広駐屯地一般開放なので行ってきた話の続き。

チョコバナナのチョコを口に付けて通りすがりの
お婆さんに言われてチリ紙もらった所から再開。
前半はコッチ↓

展示車両を1枚。何気に子供が群がる人気車両。
判る。解体現場で民家をブチ壊してる姿はまさに
”破壊神”崇拝の対象になるのもうなずける。



名前強そうだし!範馬バキのライバルみたいな
パワーワード。(笑)


あ!”アイツ”お目当てのアイツが来ました。


90式です。毎年同じ所、99式榴弾砲と
トイレの間に空いた謎の空間がコイツの駐車場。


後ろ向きに来ます。またしても「むせる」迫力!
これはインスタ映えする。・・・やってねえけど。




最後に少年がカブり付いて駐車完了。
ココに90式が停まるのは数年前に来た祭りで確認
済み。トイレで色々あった話はコッチ↓

急にドガンと空震と爆音がお祭り会場まで響く。
大人がビビる迫力サウンド。乳児は一斉泣き(笑)

一路式典会場へ、パラシュート降下見逃したー。

うっかり望遠レンズを忘れたホロフカ、以下模擬戦
写真は通常レンズの限界をお楽しみください。


90式の砲撃、コイツが空震の正体。近くで聞くと
さっきのカキ氷が悪さしそうな程に腹にキます。


スモークも上がり盛り上がってまいりました!
続いて低空でコブラが現れます!

な、なんじゃぁこりゃぁ!(←渾身の優作)
スモークとドテっカブりじゃない!狙ったって
撮れない写真がココで撮れました(笑)


90式の砲撃後、装甲車登場!

隊員展開!制圧終了!お見事でした!揃うって
カッコイイしそれだけで強そう、よって我々安心!

で、・・・このまんま、閲覧に来ていた関係各位の
ご来賓がバスではけるまで。ずーっとこのまま。
ストイックな世界。私?待てずにハケました。



再び装備品展示会場へ、我ながらアッチコッチに
歩きます。基本大きな音のする方へ行きます(笑)


良い音がするイベント会場へ、尺八とフルートの
合奏です。和洋の見事なハーモニー、アリです。


「野外手術システム」 トラック荷台が手術室に
なってました。若い隊員が「乗りたくねー」と
ギャー言ってました。


ノコギリ、トンカチ、ノミ、ヤスリ・・・。
鋭いハサミにカギ状の「何か」。
これ、人間用ですよね(笑)


10式雪上車。うん、ファニーな感じがイイ感じ。
でも私が見たいのは違う10式(笑)


例のたくましい車。ぺたぺた触ってみました。


なんか、ツルツルとザラザラの場所がある。
ドイツ脳だと「ツェメリットコーティング」
磁石地雷対策の塗装か?と思うが・・・。

判らないので隊員さんに聞く。
「上に乗って点検整備する時様の滑り止めです。」

あ、車に上がるんだ。踏むなとか踏む前提の加工
とか、奥が深いな自衛隊。

ブオォオオーン!また式典会場から大サウンド。
戦車試乗のお時間です!


ジープとか、装甲車も乗れますが、やっぱりココは
戦車一択でしょう。

ただ、「日本の」戦車は上に人が乗る前提で
設計されてないので、ジエットコースターの様な
安全バーつきの仮設のカゴに座って乗ります。

よって1回に5~6人程度しか乗れません(笑)
これは効率が悪い。ロシア式にデサントすれば
10人は乗れるだろう・・・。ヤだけど


で、いよいよ搭乗。写真の暇もなかったですが、
ヘルメットを着用せよとの事。まあ、手間取る
一般の方を尻目にサバゲーマーのワテクシ、
難なくサパッと着用(笑)


私が乗ったのはドーザー付き。体験試乗の
性能に「なんら」影響はないのですが。乗るなら
コレでしょう!


戦車兵の自衛官の方、かっこいい!戦車に
乗るならソコがいいです!(懇願)


発進!スマホでムービー撮ってる方がほとんど
でしたが、私の場合、後で見ても見せてもイマイチ
伝わらないのでしっかり体験しておきました。

戦車の上は想像以上の爆音(笑)マフラー付けて
コレ?

後は振動!心も体もピョンピョンするんじゃぁ!
でもソコがイイんじゃぁ!

キャタピラでゴリゴリカーブを削るのは最高に
圧巻でした。
土がネリネリ掻き出されます。

興奮状態のまま終了。ホント、良い体験でした。
・・・うん、文章や写真じゃねえな、ムービーが
良かったかもしれない(笑)

最後に、式典で最も多く行列を作り、子供に
一番人気の戦車の写真を貼ります。

なんのかんので平和が一番いいやね。  

Posted by ホロフカ at 20:32Comments(4)お店訪問記録

帯広駐屯地創立66周年!

2017年09月04日

2017年9月2日(土)よく蒸した曇りでした。


タイトルまんま、帯広駐屯地一般開放に
行ってきました。台風はどっかにそれて雨なし。

仕事休みでしょ、地元でしょ、ミリオタでしょ、
行かない訳がないです(笑)

駐屯地の正門からすんなり入場。
会場に入るといきなり「AH-1S対戦車ヘリ」
がドーンと停まってました。


さすがに大人気。カッコイイから仕方が無い。




凶悪なバルカン砲。


行列に並んで上の方をぱしゃり、レア写真。



自衛隊の乗り物には日本語で注意書きが書いて
あります。「アンテナふむな」
これで踏んだらかなり怒られそう(笑)


ヘリパイロットのヘルメット。記念撮影。


しかし薄いです。聞いてみると幅90cmとか!
「さらに薄く」を目指すらしいです。マジで?ww


こっちは「OH-1」偵察用のヘリ、なんとなく洗練
された新型感があります。


コブラと違ってなんかぷくっとしてる。鼻の穴
みたいなのもあるし、どことなくムーミン感。


コックピット撮影OK、なんかレバーとツマミと
スイッチとボタンとダイヤルとランプでした。


コイツ好きです「99式自走155mm榴弾砲」
ものすごいパワーを砲身から感じます。


後ろから。”上から見るか横から見るか”みたいな
アニメ映画があるが、アハトアハトばりの
禁断の水平発射が見たい。


ドドドド!エンジン音が奥から聞こえて来た。
招待客への観閲行進が終わった車両がハケると
アナウンスが風に乗って聞こえる。

よし来た!ザンギの売店に並ぶの中止、
カメラを抜き、ハケる道路の撮影スポット確保!
これから写真貼りますが、ホロフカは自衛隊装備は
知識さっぱりですのでソコんとこヨロシク!(笑)

バイクと6輪の装甲車。いきなり名前知らないw

地面が濡れてるのは事前に走った散水車のせい
これから来る車両の土ぼこりを抑える為だろう。


これは8輪の装甲車「96式装輪装甲車」。詳しい
名前が書けるのは看板を撮ったヤツだけ(笑)


国道でたまに見かけるたくましい車。隊員の銃を
握る指はピンと伸ばしてトリガーから離れてます。


陸自救急車、自分の街にコイツが来たら相当ヤバイ
状況だと思うんだ。


クレーン車かな?この手の車両は一般道で会うと
ガッカリだが今日は別です。


また来た99式!地響きがハンパないです。
やはりキャタピラマシンの音と振動は萌えます。

ん!空を裂くチョッパーサウンド、上空にヘリ!







タンク&ヘリ、もう「たまごかけごはん」クラスに
最高の組み合わせです。




ドーザー付きの90式戦車でシメ。こやつらの
エンジン音と排気ガスがハンパない!
呼吸器的にもボトムズ的にも「むせる!」


全車両がはけたので今のうち腹ごしらえ。
出店が出ててまさにお祭りです。




ミリオタをくすぐる良いお店です。後で来よう。


栄養バランスとか考えない、子供だったら
お母さんに叱られる、ちょっとオトナの
ワガママランチ。バナナはいつでも最高。

・・・とか食ってる端からシャッターチャンス。
装甲車がすぐ横を走ります。



これは土手の下からあおりで撮影。
自衛隊の人も土手の下でカメラを構える私から
不意打ちを喰らって微笑み返しでした。

この時間ならアイツが来る。構えて待ってよう・・・。
(もう一話つづく)
  

Posted by ホロフカ at 13:52Comments(0)お店訪問記録