夏なのでこういうの

2017年08月14日

夏だし、今回はちょっと違う話。
スピリチュアルな内容でお送りします。

尚、以下の方は読まない事をおススメ
します。

1、長文ダメな方。
2、現在入院中の方。
3、シックスセンスな方、そっち強い方。
4、夜、一人でおしっこに行けない方。

入院当時、持っていってたノートPCの
中から日記?走りのデータが出てきた。
ヤな事思い出した。2014年冬、


ホロフカがブログを始める少し前の話、
首を痛めて入院していた時の話。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


私は朝の「マッサン」を見るのが日課で、
ミリなDVD見たり、ミリな雑誌読んだり、
ミリブロの開設に向けて記事を書いたり
それこそミリタリ三昧で過ごしていた
       ↑※ココでミリタリ終わり。

患者の中に、ずっと喋ってる長期入院の
オバサンがいた。それこそ口に飯が
入ってる時以外はずっと喋る人。

おしゃべりにはおしゃべりな仲間が
集まるもので、ロビーや喫煙室で何事か
ずーっと話をしている。暇なのだろう。


私は「自分のペース」ってのを大事に
したい性分。基本賑やか好きなのだが、
あえて仲間には入らなかった。
仲良くなるとベッドまで話に来るらしい。

ある日の夜。


ナースコールが鳴ってバタバタと看護婦
さん達の走る音が絶えない夜があった。

外科なので救急車で結構キツイ状況で
来る人もいる。家族の泣く姿はこれまた
キツイ、オペの結果が出る前に
そこから立ち去ってやるのが入院患者の
暗黙だったりする。

その日は特に足音が激しかった。行ったり
来たり何往復も、何往復も。ひどい違和感が
あったのを覚えている。

当然、翌朝はその話題でオバサン軍団は
持ちきりとなる。「足音うるさかった」
「寝れやしない」私はと言えば寝つきは
すこぶる良い人間。いつの間にか寝たらしい。



でも気になったのは朝の雑談に出てくる
「あの子」という単語。ここは大人の
病棟、子供なんかいない。「あの子」とは
娘さんとか若者を指すんだろうか?
気になったのでオバサンと話・・・

したかったけど止めた。なので、

何の気無しに検温に来た看護婦さんに聞いた。
「昨日、子供とか夜中に何かありました?」
「え?子供なんかいませんよ?」
ニッコリ微笑むその顔にはっきりと「ウソ」が
読み取れた。採血もウソも下手なのかよ。


それ以上は、、一気に違和感、不審さを感じ
口を閉じる。「マジかよ」が率直な意見。。

その夜の事。

例のオバサンがおしゃべり仲間と消灯前、
ロビーで話していた。はっきり「あの子」と
言っている。「今晩来る」とこれまた
はっきり聞こえた。

いよいよ詳しく聞いてみたくなった。
意を決してオバサンに話を聞こうとした時、

「うるせぇぞ!婆ぁ!」怒鳴り声が響く。
ロビーの雑談のボリュームに耐えかねて
どこかの爺さんがキレたらしい。

結局、オバサンに話しかけるタイミングを
失い消灯時間。自分のベッドに戻った。

昼間の看護婦さんのウソ、あの子、今晩来る、
ベッドに潜ってそんな事を考えてしまう。
0時を回っても寝付けやしなかった。

「びーびー、びーびー」
ナースコールが鳴ったのはその時だった。
私の部屋のさらに奥の部屋だ。

あの子が来る?血が沸くのか凍るのか、
皆も人生で一度は味わうあの怖い感覚。
看護婦さんが奥の部屋へ行く足音がする。



大抵の人はこういう状況になれば耳を塞ぎ、
出来るならオダイモクを唱えるのだろうが、
私という人間は、なぜそうしたのか、
今となっては判らない。ゆっくりベッドの
カーテンを少しだけ開け、廊下を覗いた。

好奇心なんて蛮勇ではなく、得体の知れない
物に対し、訳も判らず怖がる歳でもないので、
「見てやる」ってのが強かった。
見たものが怖くて怖がるなら筋が通ると
言うかなんと言うかだ。説明出来ない。

「びーびー、びーびー」またコールが鳴る、
逆光で見ずらいが、さっきの
奥の部屋に向け、ステーションの方から
2人の看護婦さんが何事か話しながら
こっちに歩いて来る音がする。



逆光だが2人は2人、よく知る看護師だ。
―「あの子」なるものはいない。
確認すれば充分、覗き見がバレても面倒
なのでカーテンを閉め、ベッドに戻る。

奥の部屋に行く為、部屋の前の廊下を
通った時だった。

強烈な違和感と得体の知れない出来事への
息が止まる程の恐怖。物音一つたてたく
なかった。

足音が聞こえた。はっきりと3人分。

”ぺたぺたぺた”

明らかに大人のソレとは違う
歩幅の狭い裸足の足音。。。


カーテンなんか開けられない。奥の部屋
から2人が帰って来る時は目を閉じ、
耳穴に指を突っ込んで通過を待った。
足音なんか聞けないよう無言で無心で。

その日のナースコールはコレで終わった
・・・のか、



ベッドの中でとにかく携帯を開き、
Gショックのライトを照らしながら光や
明かりに守られようとした、気が付いたら
寝ていた。ホント、自分の寝付きに感謝。

こういう話にオチや後日談は付き物だが、
私はあのオバサンに接触はしなかった。
お化けより面倒な事になりかねない。

それからは消灯PM8時には寝られる様に
昼は寝ない、消灯前のジュースも止めた。
お陰で0時にナースコールに気が付く事も
なく朝まで快眠。やっぱり寝付きに感謝。

看護婦さんにあの夜の足音を確認したり、
過去の事件・事故を探ったりしない。
アッチ側の病院に転院させられかねない。

奥の部屋の人がどういう人でどうなったか
なんて知りたいとも思わない。

だからこの話はここでおしまい。


でも確かに足音を聞いたのも事実なんだ。



軟式らしくないのでオチ。↑

  

Posted by ホロフカ at 08:51Comments(6)雑談・その他

カミサバ やっぱ楽園

2017年08月07日


2017年07月30日(土)カミサバ


カミサバ午前の部が終わり、お昼の時間です。
ぴっちょりーなさんとのお写真いただき、
カレーを食べてひと心地ついた我々。
詳しくは前回ブログ↓

ぴっちょりーなさんとか




フル装備のままフェスタ各所に遊びに
出かけます。平穏だったガーデン内が一気に
カオスに変わりました。(笑)

まずは派手な音のする方へ歩を進めます。

アイドルコンプリートコレクション、
”世界制服キラーチューン”のライブでした。


やっぱり生の歌って直で心に響きますね。


素直に聞きほれるアーマー2人組(笑)

ガーデンを移動しているとパンツ…じゃないw
アーミーさんたちに遭遇。



合流してアイス屋さんに行きました。ゲームの
後のアイスは他に比べる物の無いゴチソウ!

勇者様とアーマーブラザーズも至福の時。


シェパード君と飼い主さん。ちゃんと手すりに
繋いでます(笑)甘やかしちゃう飼い主さん。



お年寄りから子供まで大人気でした。

痛車ミーティング会場へ。

コダワリのきついラーメン屋風ポーズ。




見事なお車です、japanの文化財指定を受ける日も
近いと思います。


そんな中で私が気になっちゃったお車がコレ。
松本零士先生のクイーンエメラルダスのお車、

作品もキャラも詳しく知りませんが、、、

コレ、手書きです!!絵描きの端くれとして
ガッツと技術に圧倒されました。

お隣ではドールの撮影会が開かれてました。

中々の気温だったので娘さんも大変だったかと。
「写真イイっスか?」と海老蔵スタイルで交渉、
「ぜひ撮って下さい。」と快諾いただきました。


「テーブル切って撮影するとその子がまるで
公園にいるみたいですね!」謎に会話が弾み
すっかり意気投合。


最後は”ホロフカ撮影会”になりました(笑)
ホ「俺を撮ってる人ごと俺を撮れっ!」
ナ「なんだこれww」

コスプレを楽しむレイヤーの方もアチコチで
思い思い楽しんでおりました。カワイイので
ツーショットお願いしちゃいました。

キャラとか世界観とかアレでごめんなさい(笑)


幻想的なロケーション多くてファンタジー系の
レイヤーさん多かったー。あ…、勇者もそうね。


ちゃんと花と緑も楽しみましたよ。えーと、
オトギリソウかな?




ステージでは”ぷりんせすたいむ”のライブが
始まりました。これまた盛り上がる。海兵隊が
見てると慰問ステージみたい(笑)

木陰の涼しさと、木々を抜けるそよ風を感じる
ウッドデッキでしばしの休息。



だらしなく、それでいてシュール。

一つ気が付いた事、それは我々以外のいわゆる
”一般のお客さん”について。

イベントに興味がある人は我々を見ます、目が
合えば微笑み、微笑返しとなります。

いきなり写真も撮られます(笑)

一方で興味が無い、不快を感じる人は我々を
見ようともしません。我々の存在がソコに無い
かの如くにスルーしていきます。


たぶん幽霊と霊能力者みたいな関係なんだろう。

イベントに夢中で1ゲーム遅刻でゲームに復帰。
でも、ライブ会場に未帰還兵がチラホラ(笑)

無念な事に午後からは2ゲームで帰還。
ホント残念な我が体力・・・。


メイド喫茶だけ誰も居なかったので泣きながら
諦めましたが、ゲームもライブもコスプレも
痛車もドールもゲップが出るほど満喫。
・・・コッチで体力使っちまったか?(笑)

「お気を付けて!」「またあそぼー!」
途中で抜ける我々にすがすがしい別れの言葉。
うれしかったです。一期一会ってヤツですね。


HRCTのみなさん、あめいずのみなさん、
カミサバで出会ったみなさん。良い時間を
ありがとうございました!

さて、いつもの事なのですが私ホロフカは
夏になると仕事が過激に忙しくなります。

なのでフィールド参加はしばらく休眠です。
ナセル「何の写真だコレ?w」

次回は秋頃かな?トンボと一緒に現れます。
その頃また遊びましょう。いや、遊んで!


※帰り道、タウシュベツ川線橋への森道で
圧倒的なパワーを見せ付けるワテクシ。



倒木見つけたら必ずやるのな(笑)

  

Posted by ホロフカ at 00:59Comments(4)参戦記録

カミサバ 緑の楽園

2017年08月04日

2017年07月30日(土)カミサバ


カミサバ当日の朝。一等賞では無いにせよ早く
駐車場に到着した我々。

カミサバは会場と駐車場がちょっと、、いや
結構離れているとの事前メールがあったので、
移動しやすい様にいつものボストンバッグから
デカリュックにしたのでした。

入場手続きを済ませ、「大雪森のガーデン」
まんま公園の中に!


で、いきなりコンタクト!本日のゲスト様
「戦え!ぴっちょりーな」さん&スタッフの
サーバルちゃん!両手に花でございます!

突然本日の目的の9割強、達成です。

かわいい娘さんたち。BB弾売りの少女。
そりゃみんな買うよね(笑)


どこかで見た人達(笑)いつもマタギのアジト
で遊ぶメンバーもカミサバ参加です!

木漏れ日のレオン。むぅ、絵になる

「いつでも撮れる」と中々撮らないマタギ勢、
ちゃんと撮ったのはコレ初めてかもです(笑)
遅れて来た伝説さんごめん!また写真とろう!

さて開会式!

ゲーム進行、H.R.C.Tさんの陸自先生。
参加者全員バチッと仕切って下さいました!


ぴっちょりーなさんもハイテンションで挨拶!
コンバットマガジンの取材しますとか!?
載るの?!雑誌に?

マガジン抜く、トリガーに指を掛けないとか
全国共通のモラルの呼び掛けは良かったです。

ゲーム支度の合間に写真。

中尉登場。いつもに比べて軽装が過ぎます(笑)

言い張ってたPT装備って「パンツとTシャツ」
装備って事?森の中ですぜ、アーミー諸君。

砦戦、東ドイツ合わせでお知り合いになった
「ばんちゃ」さんは旧日本兵で参戦。

緑の中で撮るとほとんど本物(笑)

日本人が日本の装備をするのでとんでもなく
似合います。


ゆのちゃんとも初コンタクトです。肩にYUNO
パッチをしていたので、もしかして?と思い、
中尉を介して顔合わせ「軟式のー。」「ああ!」

で、2ショットいただきました。変なポーズまで
真似していただき光栄です!

さてゲーム開始!

ゲームフィールドは思いっきり公園内です。
「公園など公共の場所でエアガンを使わないこと」
エアガンのこの注意書きも今日はナシナシ!ww

フィールドは思いっきり高低差のある斜面です。

撃ち降ろしが有利かと思いましたが、んな事なく
不思議とバランスの良いフィールドでした。

ま、散策路のある公園なんだけどね(笑)

皆好きな装備、好きな銃持って色んな所から
集まってるんだけど、カミサバを楽しむ
仲間。すぐに連携出来ちゃう、素敵な一コマ。

相変わらず戦闘中の写真は少なめ、ゲーム中は
引き金引いていたい私。

さてお昼休み、運営の皆さんの粋なはからいで
ランチタイムは長めに取ってくれました。

ばんちゃくんのラッパが良く聞こえる所で休憩。

ゆのちゃんも上手です。吹奏楽経験アリとか!

お昼はコレと決めていたカレーを購入。
先ほどのサーバルちゃんが売り子さんです!



まずは腹ごしらえ、フランスとか帝国ホテルとか
とにかく有名な「三国シェフ」のカレーが
たったの500円で味わえました。うまい以外に
書くこと無いです。サーバルちゃんが僕の
為に作ってくれたと勝手な脳内変換をする私。

で、ぴっちょりーなさんにご挨拶。さっきも
いただいたのに2ショットいただきました。

胸には特製のパッチ!これ以上ない記念品です!


ベストにサインもいただきます!欲しがります!

ナセルさん。私の専属カメラマン(笑)

「一緒に撮りましょうよ!」とぴっちょさんが
引っ張ってくれてこうなりました。
ぴっちょりーなさんノリが良くて愛想が良くて
会場の雰囲気がずっと明るい感じでした。


ブログでよく見る陸自先生のジープも展示されて
ました。「どうぞ!」と快く許可をもらって
我が物顔でジープとサインをアピール。

どやぁー!


こっちもどやぁー!
いい所にサイン!私も正面にすれば良かった!


ナセルとシェパード犬、、、のヌイグルミ。
よく出来てます。犬猫動物好きのナセル、
珍しくはしゃぐ。

と、ぴっちょりーなさんのコーナーからひときわ
大きなはしゃぎ声!


中尉?!


タフガイ!米陸軍のド根性を見ました。(笑)


長めの昼休みは皆思い思いの過ごし方、色々な
人との交流を生みました。お昼長いのイイな。

(え?まだ続く?)  

Posted by ホロフカ at 00:48Comments(2)参戦記録

カミサバ ぶらり層雲峡

2017年08月01日

2017年07月29日(土)カミサバ前日

装備は最小限に、でかいリュックにしたのは
後ほど…。はい、ミリタリー部分終わりー。

という訳で、今回は上川郡上川町のイベント、
"上川ファンタスティックガーデンフェスタ”
のサバゲイベント、「カミサバ」に行った話。

今回は”軟式―”で広告を頼まれていたので
参加…ではなく、戦え!ぴっちょりーなさんに
会うのが目的です。え?サバゲ?するする。

今回もホロフカ&ナセルのコンビです。
層雲峡へは273号線から39号線を走ります。
緑と白樺のみがひたすらに続く硬派な道。

単調な直線なので時々”あっち”に連れて
行かれそうになるので適度に休憩を取ります。

旧幌加線という看板が見えたので寄り道。


とっくの昔に廃線になった駅のようです。
線路に立って写真を撮っても炎上しません。


ありそうでない「幌深駅」を捏造するには
あと一文字足りない(笑)

大雪ダムという看板が見えたので寄り道。

看板じゃなくダムを撮れという意見は聞かない。


ダム風が強いので帽子は飛ばされる前に脱ぐ、
これぞ大人の余裕。


見学後は管理支所に駆け込み「ダムカード」を
もらうのが紳士の紳士たるたしなみ!

目的地の層雲峡、をハイパースペースジャンプで
全力スルー。上川町へ向かいます。

 ※シャッター速度加工画像、安全運転です(笑)


ラーメン「よし乃」に行くのが目的。会社の
人がうまいと口コミするのも納得の味噌。




明日のカミサバ開催地を下見、いや、下見して
良かった。ガーデン内で軽く迷子になったわ。

明日の為の塩飴、私のジュースとナセルの酒を
ノスタルジーな町内の店で購入。層雲峡にとって
返していざホテル。



お部屋写真。実に簡素でスパルタンな部屋(笑)
TV、冷蔵庫、部屋風呂、洗面所、一切無し!

温泉は沁みたので文句は言わない。

大荷物を置くスペースがある事から、
黒岳帰りの山男が転がり込む宿だと判明。


さっそく宅呑み開始。ナセルの部屋にはTVが
あったのでソッチを会場とする。

「えっ?!ブラウン管!」
「地デジ化失敗してんぢゃねーか!ww」


バーン!窓の外から爆音。層雲峡名物の花火が
あがります。

「どけっ!」「頭じゃま!」ムキになって
狭い窓から男二人が競って写真をとります。


部屋でひとしきり呑んで22時には就寝。
サバ前日は無理をしない、いや出来ないお年頃。

午前4時、おはようございます(笑)

ホテルの窓から朝焼けと山に掛かる雲かすみ。
部屋が寒くて起きました。

寝る前、閉まっている様に見えたのですが
内窓2枚右、外窓2枚左。無錠錠。
新しいサービスのスタイル(笑)

そのままチェックアウトし、温泉街をホロ散歩。

標高が高いので寒いのです。半袖失敗。
後ろはロープウェイ。黒岳ガチ勢用です。

層雲峡神社にもお参り。

コケ蒸したコマ犬様とツーショット。


景観を損なわないカラーリングのコンビニで
最後の物資補給、いよいよカミサバ出発!


あ、どうせなら高梨選手のお店に行っても
良かったな。

この帽子が時々欲しくなる自分がいます。

(当然つづく)  

Posted by ホロフカ at 00:06Comments(4)参戦記録