ナツを乗り切るミリタリー

2017年05月20日

「OK,siri 一番…近くの…トイレ!」

―2017年3月 追い詰められたホロフカ、
iフォンに向かって搾り出す様に。―

夏だ!サマーだ!蛇だー!・・・嫌いな人ごめん。
よく冷やしたウロコでした。暑い日はコレだ。

さて、乙女と肌男の皆さん、夏が来ましたよ。
紫外線対策は大丈夫ですか?

ホロフカは肌が弱いので焼けると真っ赤に
ヤケドします。よって夏場は帽子が必須です。
のっけから被ってた帽子がコレ。

そう、今回もナセルさんのお土産紹介です。


メーカーは、「FB、はげ・・禿ーげ捨てる?」

ヤメヤメ、頭悪いのばれる(笑)ドイツ製の
素敵なブーニーです。

2月の秋葉紀行での買い逃し品だったりします。
裏は謎に真っ赤な布が貼ってあります。

サイズはXL、ただし”超”デカかったです。
頭でかい私でもガッポ。強風注意なシロモノ。

キレッキレのジャーマンメタルでお客様を
お迎えする「S&G」にていい値段で販売。


「S&G」≠「サイモン&ガーファンクル」


ところでどっちが”前”なんだろ?ドイツか
ブーニー詳しい人居たら教えてください。


ちなみにコッチはロシアンブーニー。中田商店
御徒町店(共産ブロック)にてその昔購入。

邪魔なアゴ紐はこんな感じでエレガントに
後ろに纏める。邪魔くさいのが最大の理由。
ぶった切るのが好きな私には珍しい一工夫。


まだ買ってきてもらった。これはみんな大好き
ウッドランドB・D・U!NHKに兵隊描かせたら
ほとんどがコレ着てます。

いまさらウッドランド?そうです。これも夏を
乗り切るマストアイテム!


砂漠迷彩で戦うホロフカさん、緑生い茂る夏、
被弾率がグーンと上がります。ブッシュの中に
茶色いの居たらフツウ撃ちます(笑)

「丸見えっスョ、東師匠。」と言われて何気に
ショックを隠し切れなかったワテクシ、
早速、御徒町に向かう様に電話発注しました。

「あ゛?!どこに居ると思ってる?!」
東京散策を楽しむナセル、現地のカズカズの
都合をガン無視で買ってきてもらいました。



ほんとうのともだちってこういうものだと
おもうー。(棒読み)

サイズは偶然にもチョコチップと大体同じ、
ナイスチョイス。無駄に体はデカいので欧米
サイズで困った事はあんまりない(笑)



うむ、これはコレで後ほど「下ごしらえ」を
しようと思う。(←明らかな複線)

最後に「S&G」のお土産もう一丁。強烈な
ドイツ臭のする袋から・・・。


TADA-!!これまたジャーマン魂あふれる
鷲のマーク!


会社に着て行って更衣室で「ホロフカ君・・・。」
と上司の眉間に深ーいシワを作らせた逸品。。
やっぱこのマークは公共では許されないよな。

だが、驚くのはまだ早い!

TADA-!!?

Drスランプのガッちゃんばりに突然2枚に?!
・・・違うの、注文の仕方が悪かったの。

「ナッチナチのドイツT買って来て!」って
お電話通販したらコレになりました(笑)
家にあるTシャツとブラックまでドテっカブり。

うむ、これは夏の「ヘビロテコーデ」になる!
上司のTシャツ発見率はぐーんとあがるわ(笑)


最後に!いよいよ「マタギだよ全員集合」が
2017年5月21日( 日)に開催されます。
以下に告知を貼ります。
よく読んで皆さん奮ってご参加ください!

暑い日になりそうです、水は余るくらい
持ってきましょう。塩分もお忘れなく!

http://mataginoazito.militaryblog.jp/e846697.html





次回予告のアレ、実はGW明けの事ですが、
色々あって車がこんな感じになりました。


旋廻砲塔のベアリングも破損してます。


全員集合には参加しますが、トーチカとして
頑張ります(笑)

・・・傷病兵です。治らんかった、、、。  


Posted by ホロフカ at 11:03Comments(2)生活装備

B・H

2017年05月15日

先の記事、札幌キッズドラゴンさんで室内戦を
楽しんでいた同じ時間、平行世界線の話で
相方のナセルさんはドコに行っていたのか?


答えはココ、「浅草ブラックホール」です。
結構な歴史のあるガン&ミリタリーの販売会。
本物・ガチ物が色々あるマーケットらしい。

「ヒマだから行こうかな。」完全な思い付きで
飛行機に乗るとか、スゲーなナセル。

ウピウピ隊来場とかコンバットマガジンの
ミリメシ食堂とか色々イベントやってる
みたいだから写真をお願いしたら。

「良い子の諸君、会場内撮影禁止」だそうだ。

代わりに送ってきたのがコレ。



・・・oh!ジャパンビューティーデスね。

彼に”お買い物”を色々お願いしてみる。
まずは頑丈なスコップが欲しい。唐突だが。

こういう使い方じゃなしに、普通に車載用、
東側を感じる木の柄のスコップを注文しておく。
あと、東ドイツの「信号灯」、中国軍の水筒も
探してもらう事にした。

さてB・H当日の事、私はステーキを食べて
ホクホク後にナセルから電話。


「スコップはコレクター価格で〇万円で独軍
ナチス時代の物あり、東独信号灯は今なくて、
あっても〇千円するって店の人言ってたわ。」
…さすがにそんな予算ないわ(笑)

「でも水筒はあった、2千円で押さえるぞ」

あったんだ、水筒。昔買い逃してなんだか
気になってた中国アイテムなんだよな。

今時代無いフルアルミボディ、日照で中身が
お湯になるだろうな。叩けば「コォーン」と
イイ音するし(笑)好きよ、こういう
行軍中致命的なポンコツアイテム(笑)


おまけでくれた謎の手帳「団員証」と読むの?
なんか生徒手帳みたいな書き込み欄があるし、
姓名の他に”民族”の記入欄?大陸的だ!

次にナセルから電話が来たのは約2時間後、
ユニクロで”4足千円”の靴下を選んでる
時だった。

「おい、御徒町の中田で東独信号灯あるわ。
 それも新品300円とか(怒)」

ソレがコレ。さっきのB・Hでの話はいったい
何だったのかと、ミリものの価格はあって
無いも同然なんだと思い知らされる(笑)

仮にB・Hで数千円で買って300円発見したら
差額の支払いをめぐって2人で事故レベルの
衝突が発生する所だったわ。


中身はこんな感じ、

乾電池をどうセットしていいのか判らん
金具の配置。ベルリンの壁と一緒に
「東独電池商会」も倒産したんだろう。
電気の知識ないし、点灯させる気もない(笑)

去年、秋葉原紀行で買っていたスウェーデン製
と比べる。こっちは単2電池で普通に使える。
赤、緑、むき出し白、スリット窓。色々遊べる。

東ドイツ製には青色プレートもあるから実質
4色信号灯になるのか?賑やかだな(笑)

・・・画像小さい、人形に気をとられた。

あとはナセルさん、M40A1のカバー
としてM1ガーランドのコットンカバーを
買ってキチンと収まったの図。


「買わずに後悔するより、買って後悔」
一か八かの購入だったが、ぴたり収まる
なんか色々すげえな、ナセルさん(笑)


最後に!今年もまた「マタギだよ全員集合」が
開催されます!以下に告知を貼りますので
よく読んで皆さん奮ってご参加ください!

兎にも角にもエントリーが必要なんだよ。

愛すべきケータリングは今年は「来ない」ので
各自ランチの準備お忘れなく!

http://mataginoazito.militaryblog.jp/e846697.html


そうだ、ホロフカさんよりアレな発表あります!
次回!「それでも戦う?!」お楽しみに!
  


Posted by ホロフカ at 21:11Comments(0)東ドイツ装備

いきなりキッズ参戦

2017年05月11日


2017年05月04日 KIDS DRAGON

「いきなりって、何…されるんだろう。」
―2017年5月 ステーキ屋に並んだ女性の会話―

ステーキ食いに来たんじゃねぇの?あんた?

いきなりですが、
札幌の「いきなりステーキ」に行って来ました。
野菜?米?”いいから肉を食え”という明確な
社是に惚れる。迷わず肉マイレージ登録。

さて、皆さんGWはいかが過ごしましたか?
私は札幌のサバゲーインドアフィールド、
「キッズドラゴン」さんへ行って来ました。


ええと、ココはホントいつ以来だ?

あと、相棒ナセルは東京に飛んで今回不在。
よって「ボッチ参戦」となりました。コレ、
けっこう勇気と根性が試される企画だわ(笑)

早速会員登録、年間遊べて1000円ならお安い。
私も「ドラゴンクラブ」の一員になりました。

この日は祝日だったので1時間400円で入場。

セーフティーにて戦闘準備開始。椅子も机も
10年以上前と変わらずえらく懐かしかった。

机の上にはいつでもレギュレーションが確認
出来る様、メニュー表の様に置いてあるので
これはありがたい。

本日の得物は「ワルシャワバリューパック」
cz75とvz61のチェコ兄弟で挑む。

弾とガスを込めてレンジで調整してると
SWATな若者が一人声を掛けてきてくれた。
「よかったら一緒にいかがですか?」


彼らからすれば見ず知らずのボッチの
おっさんに声掛け…これは嬉しかった。

声を掛けてくれた彼の他に4人、仲間同士で
室内戦を楽しんでるチームに混ぜてもらい
6人で遊びました。

人懐っこい彼ら、色々話し掛けてくれます。
若「ココ初めてっスか?」
ホ「いや、十年以上前かな…通ってたよ」
若「10年スか!マジスか!おれら始めて
  2ヶ月ですわ。」
ホ「僕もブランクあるから、緊張するよ。」

室内は昔と変わらない感じでした。ドラム缶、
青いネット、無数の銃弾を受けてボコボコに
なった木箱。匂いまで懐かしい。


セーフティー近くの3連プリント倶楽部。
ある意味のココの名物ですなぁ。しみじみ、

服はこんな感じ、砂漠迷彩が木の箱に対し
迷彩効果があるのは間違いない。。はず、

ズボンは更衣室が無いのでジーパン対応です。

3人づつ敵味方に分かれてゲーム開始。
準備が出来たらフラッグ代わりのラッパを
鳴らしあうのがこのチームのスタート合図。

「パフ!パフ!パフ!」互いのラッパが鳴る
と同時に戦闘開始。私はvz61を構える。

一気に雰囲気が変わる若者。若さに基づく
キレのある移動。頼もしい、でも相手も
このキレだろ・・・。怖いわ(笑)

外戦、マタギで戦闘に慣れはしてるつもり
だったけどキッズの薄暗い室内は別世界。
息まで聞かれているのではないかと…。

靴は外用の底が硬いのはココでは命取り。
猫の足裏みたいなスニーカーがおススメ、

少し仕掛ける。床にたまったBB弾を
あらぬ方向に蹴って転がす。ストラクチャー
に当たって「コツコツピチピチ」音を立てる。

―相手は動かないか、、慣れてるなぁ。


次、czのハンドガンでストラクチャーを
適当撃ち、出てきた所をSMGで仕留める。
敵さんの電動ガンを弱い拳銃でおびき出す
作戦。が、これも通じない(汗)

では取っておきの作戦、ガスマガジンを
1本おもむろに出して指で・・・。

「いた!コッチにあの人!」(ホロフカの事)

ばれた!そりゃそうだ、相手を侮り音出し
まくりだもん(笑)トゥーハンドで撃たれる。

次のゲームは小細工無しの真っ向勝負、で、
撃たれる。とにかく動きが早い!SWATという
より、もはやNinja。対応できない(笑)


あとはセーフティーゾーンでのトーク、
最高でした(笑)若者らしい無茶な話、
長距離運転、地雷埋設、コーヒー2本、
日本縦断、ペットボトル。
そのままで最高の青春だと思います(笑)

この日はすんごく充実した一日でした。
相手さんのお時間一杯まで一緒に遊んで
いただきこの場でも感謝述べます。
ありがとうございました。

※写真イマイチ、スマホ調子悪かったのか?

最後に!今年もまた「マタギだよ全員集合」が
開催されます!以下に告知を貼りますので
よく読んで皆さん奮ってご参加ください!

普段のマタギと違うルールもあります。
僕もよく読まないとだ。

http://mataginoazito.militaryblog.jp/e846697.html

  


Posted by ホロフカ at 20:12Comments(6)参戦記録

のんびりのちガチ

2017年05月07日

「部屋にBB弾が1発でも転がってる奴」
―2003年11月 狩猟免許所持者が免許に
向かないのはどんな人かと問われ。―

ぐうの音も出ませんね・・・。


今回はマタギのアジトさんで試射をした話。
お天気はまずまず晴れ、小春日和でよし。

獲物はストライカーとクリンコフ。

クリンコフの方は調整済みで、単純に冬の
ストレス発散でブッ放すのが目的だったりする。

冬の間ナセルがカッコいいAKを作ってたので
一緒に写す。謎と不思議が一杯の銃だわ(笑)



で、ストライカーに話を戻す。この銃は買って
散々記事にしたけど、一度も撃った事がない。

レンジにておもむろに撃ってみる。「ぺん」

マジか!すげえ素直な弾道(笑)中華製なのに
東京○イ並みの直進弾道。

以前の記事で写しそびれた業界初の機構、
「コッキングインジケーター」がコレ、ボルトを
引いてあると赤いポッチが教えてくれます。

迂闊で油断な私を助けてくれる素敵ギミック。

ホップの調整もまだなのに手ごたえヨシ!
早速レイルの上にある調整ねじを回そう。


ちなみにこの銃、持ち手の所に蓋が付いてて
開けるとレンチが2本入ってます。これだけで
ホップ調整と分解整備が大体出来ちゃいます。
これは便利。

で、ホップネジをクリクリ回して調整開始。
地味で地道、性格上向かない作業ですが大事。
弾道が落ちたり、謎のフォーク、急上昇(笑)
どうにかいい所見つけて調整完了。

ホップが決まった所で弾速測定。
「動くんじゃねえ!弾速野郎!弾速を教えろ!」
とか乱暴な写真だな(笑)


平均86~88って所。ホップをいじったら弾速が
上がる銃があるのでいつも調整後に測定します。
箱出し性能でコレだけあれば文句は無い。

続いてスコープ、レイルに乗っけてしまうので
ホップ調整はもう出来ない。
スコープの調整の方が大変だったりする。

一発撃っては調整、調整、調整・・・。
調整!ちょうせい!ちょうせぇいぃ!
(CV:立木文彦)

ホロフカはセンターからやや左を狙う調整、
引き金を引く瞬間に右に振ってしまう癖がある。

かなり古いタイプのスコープ。調整はナセルの
1円玉を使用。実は一番便利な工具なのだ。

最後は2人でガンガン撃ちながら調整。

ナセルはM40A1を持ち出し、的の斗缶をベンベン
当てては「よし!次はその奥だ!」とハードルを
上げあって遊びました。時間忘れるわー(笑)


所で、、、ドサクサに。
ナセルの1円は今、僕の財布で元気にしてます。


  


Posted by ホロフカ at 02:32Comments(4)狙撃銃